KEIRIN EXPRESS

全国の競輪開催案内のポータルサイト

小倉競輪

KOKURA KEIRIN

81#

レース展望

トパーズ

  • 小林優香

  • 石井寛子

  • 高木真備

充実ぶりが際立つ石井寛子、高木真備の名前が光るが、一発勝負に賭ける地元の小林優香に期待したい。五輪直後のガールズドリームはさすがに準備不足で児玉碧衣の2着に終わったが、その後は9月久留米、別府を連続完全V。流れで先行もあるし、まくりの破壊力は男子選手レベルだ。今後の進路は未定のようだが、ガールズの世界に戻ってきた以上、目指すのはグランプリに出て優勝することのみ。勝ってまずは出場権を手にする。
 もちろん、グランプリ出場は安泰な石井寛や、高木を狙う手も。今年の石井寛は充実した練習をこなす中で9月までに59勝し19V。前々好位からのタテ脚勝負という自分のレースに絶大な自信を持っている。大きいレースで思うような結果を残せていない高木はここに照準を絞って態勢を整えている。今度こそ思い切った攻めができるか。
 コツコツと結果を残してグランプリ出場が濃厚な坂口楓華も大一番までに手応えをつかんでおきたい。賞金では地元グランプリ出場権獲得ボーダーの鈴木美教は緊張感マックスのレースを乗り越えられるか試練だ。梅川風子、太田りゆのナショナルチーム組も一発あっていい

注目選手

  • 土屋珠里

    大阪 ・110 期・L1

    土屋珠里

     大阪の練習環境にも慣れ、男子選手とのモガき合いでダッシュ力が強化された。今期に入って8月西武園、10月奈良で優勝しているのもその成果。自力基本のレースながら、位置取りも含めた総合力が高く、2年ぶりに出場するこの大舞台でも臆せず走れれば大駆けも。

    ■直近4ヶ月成績(*12/8現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    53.14 10 4 9 8 7
  • 奥井迪

    東京 ・106 期・L1

    奥井迪

     多くのガールズ選手からリスペクトを集める先行の第一人者。若手の台頭で戦法の幅を広げようと模索した時期もあったが、今は再び迷いのない積極策に徹して9月奈良で坂口楓らを相手に今年5V目をゲット。賞金でのグランプリ出場は難しく、まずは決勝を目指して全力投球だ。

    ■直近4ヶ月成績(*12/8現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    56.04 18 16 5 2 2