小倉競輪

KOKURA KEIRIN

81#


レース展望

石井寛子が貫禄を示す

石井寛子

石井貴子

鈴木美教

グランプリ女王の石井寛子が本命。今年に入って一段と進化を果たした印象で、10月武雄ミッドナイトを制して昨年のV回数14に早くも並んだ。大舞台での強さは言うまでもないし、6年連続でのグランプリ出場は確定的なら、平常心で臨める。舞台も21走で19勝して、6Vの得意中の得意走路。好位確保から自慢のダッシュ戦で決着だ。

同じくグランプリ出場は確定的な石井貴子(千葉)が後を追う。ダッシュを生かしたレース巧者ぶりでは負けていないし、5月のコレクションをV、モートンら最強外国勢を破った同月別府など勝負強さも互角以上だ。

この2人をまとめて破るのではと期待を抱かせるのが梅川風子。スピードスケート出身のアスリートは着実に力を付け、機動力なら間違いなくここ一番だ。

長澤彩、山原さくらもVラッシュの近況。ともに賞金でのグランプリ出場は厳しく、狙うはVのみ。ハマれば獲る脚はある。

地元グランプリ出場へ視界良好なのが鈴木美教。オールラウンダーぶりを発揮して今年は9月終了時でV11。112期のトップランナーとして、特別を勝ってグランプリへ向かいたい。

実績優る梶田舞や荒牧聖未、石井貴子(東京)も見逃せない。

注目選手

  • 荒牧聖未
    栃木 ・102 期・L1

    荒牧聖未

     ガールズ1期生だけに、キャリアはBグループ随一。優勝回数こそ多くはないが、大崩れが少ないのも特徴だ。好位確保からの仕掛けなら、上位陣の撃破もありそう。
    連日、見逃せない。

    ■直近4ヶ月成績(*12/18現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    55.48 2 12 5 6 2
  • 内村舞織
    福岡 ・112 期・L1

    内村舞織

     アマ時代から競技で活躍するなど、自転車歴は豊富。やや勝ち味に遅い印象だが、3連対率は高アベレージを保っている。強敵が相手でも、連の上下からは外せない。

    ■直近4ヶ月成績(*12/18現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    53.83 3 2 10 6 6

▲TOPへ