KEIRIN EXPRESS

全国の競輪開催案内のポータルサイト

小倉競輪

KOKURA KEIRIN

81#

レース展望

石井寛子が貫禄を示す

  • 石井寛子

  • 石井貴子

  • 鈴木美教

Bグループは石井寛子に期待する。今年はガールズグランプリ覇者の名に恥じない成績で一年間を戦った。9月までに13V46勝。ガールズ屈指の突破力と、持ち前のレース運びで白星の山を築いた。今年の一発レースこそ最高3着だが、ガールズケイリンフェスティバルでは並みいるライバルを破ってV。女王の実力をまざまざと見せつけた。当大会でも、抜群のレースセンスを生かして勝機をつかむ。

石井貴子も侮れない。先行だけでなく、自在性も兼えるレーススタイルは驚異の一言。さらに、ダービーで行われたガールズコレクションを制するなど、勝負強さも特筆ものだ。賞金ランクでも上位に付けており、3年ぶりのグランプリも出場圏内。前々に攻める攻撃的な組み立てで激戦を断つ。

近況はあと一歩で優勝を逃している梶田舞。それでも、決勝で大きい着が目立った一時期を脱して、徐々に状態は上向いてきている。巧みな位置取りからの仕掛けでグランプリ行きを決めよう。

地元グランプリを目指す鈴木美教が、台風の目になる可能性も。先行を基本とした競走で脚力を磨き、昨年よりパワーアップ。オールスターで行われたアルテミス賞を準Vなど、実力は上位にも通用する。仕掛けがはまれば単も十分。

今年の後半からVを量産している山原さくらも忘れてはならない。7月名古屋で児玉を破った梅川風子や、戦法多彩な長澤彩も軽視禁物だ。

注目選手

  • 荒牧聖未

    栃木 ・102 期・L1

    荒牧聖未

     ガールズ1期生だけに、キャリアはBグループ随一。優勝回数こそ多くはないが、大崩れが少ないのも特徴だ。好位確保からの仕掛けなら、上位陣の撃破もありそう。 連日、見逃せない。

    ■直近4ヶ月成績(*10/22現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    55.24 2 11 7 3 4
  • 内村舞織

    福岡 ・112 期・L1

    内村舞織

     アマ時代から競技で活躍するなど、自転車歴は豊富。やや勝ち味に遅い印象だが、3連対率は高アベレージを保っている。強敵が相手でも、連の上下からは外せない。

    ■直近4ヶ月成績(*10/22現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    54.00 6 5 9 6 7