KEIRIN EXPRESS

全国の競輪開催案内のポータルサイト

小倉競輪

KOKURA KEIRIN

81#

レース展望

タイトル戦線も大詰め

  • 脇本雄太

  • 平原康多

  • 武田豊樹

今年のG1戦線もいよいよ大詰め。北九州メディアドーム小倉競輪場を舞台に、第60回競輪祭が11月20日〜25日の日程で行われる。今年は初となるG1ナイター開催で、6日間開催を復活させてのロングランシリーズ。勝ち上がり方式も一次予選はポイント制で、二次予選からトーナメントに変更。タイトル争い、そして年末のKEIRINグランプリ2018の出場権をかけた賞金争いもここで決着する。さらに、今年からガールズケイリンも合わせて開催。年末のガールズグランプリ行きのチケットを賭けて、激しいトライアルレースが行われる。男子、女子ともに、熾烈を極める戦いから目が離せない。



 昨年と同様、今年も輪界を席巻したのはナショナル組。その中でも、脇本雄太が目覚ましい活躍を見せている。数少ない出場機会ながら、走るたびに周囲は驚愕。ダービー決勝では近畿4車の先頭を務めると、抜群の先行力でラインを上位独占に導き、自身も3着。宮杯の決勝でも、別線を完封して三谷竜生とマッチレースを演じて準Vと大舞台で堂々たる走りを披露した。そして、オールスターでは浅井康太、渡邉一成らを退けて、念願のタイトルを先行で奪取。今や輪界ナンバーワンの機動型として君臨している。今年最後のビッグでも、持ち前の先行力でライバルをねじ伏せよう。今年は脇本の番手から2つのタイトルをゲットした三谷竜生。夏場以降は、なかなか調子が上がってこなかったが、9月向日町記念では久しぶりにG戦を優出。さらに決勝でも、地元勢3車を背負って風を切る力強い走りを見せた。さらに上積みが見込めれば、再びタイトルを手にする可能性も。共同杯で落車した村上義弘は、親王牌での走りで状態を判断する必要がありそう。他にも近畿は、今年2回のG1優出を果たした古性優作、山田久徳、村上博幸、稲垣裕之とタイトルが狙える実力者がずらりと揃う。

対するは関東勢。その中心を担う平原康多は持ち前の向上心と修正力を生かし、スピード競輪にきっちりと対応。共同杯では、山崎賢人、清水裕友ら若手の挑戦を跳ね除けて9度目のビッグVを手にした。賞金ランクもアップさせて、年末のグランプリ出場が濃厚。それでも、常に一走集中の平原なら、最後まで気を抜かずに戦い抜く。過去に3度のVを手にした好相性の大会で、再び栄光をつかむ。武田豊樹は8月オールスターで落車。復帰した共同杯は5176着と精彩を欠いた。親王牌の結果次第だが、賞金でのグランプリ出場も気を抜けない。それでも、幾多の困難を乗り越えてきた武田なら、逆境を乗り越えて万全の状態に仕上げてくるだろう。吉澤純平、S班の諸橋愛も、それぞれの役割を果たして頂を狙う。

  • 浅井康太

  • 竹内雄作

  • 渡辺一成

中部勢をけん引するのは浅井康太。今年序盤こそ痛めた座骨の怪我で一息だったが、春先から本来のハイレベルなパフォーマンスが復活した。ダービーを優出や、オールスターを準V。さらに、共同杯も決勝3着と持ち前の安定感を存分に発揮している。賞金ランクでも上位に付けて、グランプリ出場がほぼ確実。深谷知広は不在だが、竹内雄作との連係、そして自力でも他地区に十分対抗できる。その竹内はオールスターを優出など、パワフルな走りが徐々に戻ってきた。共同杯は899着に終わったが、当所に向けて再び状態を上げてくるだろう。怪我から復活した吉田敏洋、復調の兆しが見えた柴崎淳らも見逃せない存在。

S班の渡邉一成も、脇本と同様に出場機会が激減。その影響で、今年の前半はレース勘不足が脚を引っ張った。それでも、今年4場所目となったサマーナイトを見事V。決勝は前を任せた菅田壱道が不発とみるや、自力に転じてライバルを一蹴。前が作った流れとはいえ、ハンディキャップをスピードでカバーした。新田祐大は不参加だが、ナショナルチームで磨きをかけた脚力を生かし、グランプリチケットをつかみとる。菅田は宮杯、サマーナイトを優出など、ビッグでも大活躍。先行を含めた多彩な戦法で別線を苦しめる。新山響平はG戦の勝ち上がりに苦戦をしているが、一昨年の当大会でG1を初優出した好相性のバンク。9月青森記念では初日特選、優秀を連勝など、状態も上がってきている。山崎芳仁、佐藤慎太郎、そして長欠している成田和也まで参戦なら、強固なラインが形成される。

  • 太田竜馬

  • 山田英明

  • 郡司浩平

中四国勢は活きの良い機動型を軸に他地区を脅かす。中でも、太田竜馬の活躍が周りに刺激を与えている。まだ粗削りなところもあるが、今年の後半戦は成績が安定。さらに、共同杯では準決で浅井康太らに先着するなど、121着で初のビッグ優出と成長を続けている。同じく徳島の原田研太朗、小川真太郎に、共同杯を準Vなど勢いに乗る清水裕友、松浦悠士らと駒数も充実。これを岩津裕介、小倉竜二、渡部哲男らベテラン勢が束ねる。

地元地区の九州勢は、総力を結集して迎え撃つ。特に注目なのは山崎賢人だ。G1初出場となったオールスターでいきなり決勝に進出。さらには、共同杯の準決で武田、古性らを破って無傷優出と輪界に衝撃を与えた。今回も度肝を抜く走りでV争いに食い込むか。山田英明のG1初制覇にも期待がかかる。今年はビッグを3度の優出と初戴冠も見えてきた。自力、番手と俊敏な立ち回りから、初のグランプリ出場を目指す。中川誠一郎は今年の記念を2回制覇など、スピードが復活。持ち味を生かせるドームバンクで2年ぶりのS班返り咲きを目論む。園田匠も、走り慣れたホームで意地を見せたい。

南関勢も粒ぞろいの面々。なかなか波に乗れていなかった郡司浩平だが、8月小田原記念のVから一転。9月名古屋F1で完全Vを飾ると、共同杯も優出。反撃の狼煙が上がっている。良い流れを保って当大会を迎えれば、好勝負は必至だろう。山中秀将も今年のダービーで決勝に進出と侮れない存在。底力ある近藤隆司、パワーある根田空史ら機動型に、中村浩士、和田健太郎ら追い込み陣も見逃せない。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 次へ≫

注目選手

  • 渡辺雄太

    静岡 ・105 期・S1

    渡辺雄太

     7月高知F1での落車で調子を落としたが、共同杯では3度の確定板入り。さらに、続く青森記念は1413着と状態を上げている。先行を基本とした強気な攻めで、地元グランプリ出場へ一発逆転を狙う。

    ■直近4ヶ月成績(*10/21現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    112.42 9 9 3 4 10
  • 岩津裕介

    岡山 ・87 期・S1

    岩津裕介

     怪我から復帰した9月向日町記念では、「初日を走ったあとに戦える手応えがあった」と決勝3着。状態の不安さえなければ、豊富な若手機動型を目標に勝ち上がってくるだろう。鋭いキメ脚を大舞台で見せる。

    ■直近4ヶ月成績(*10/21現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    113.07 0 0 2 8 3
  • 清水裕友

    山口 ・105 期・S1

    清水裕友

     8月小田原で記念を初優出すると、共同杯はあわやの準V。続く向日町記念でも決勝に進出と快進撃を続けている。キレのある走りは、上位にも引けを取らない。今年最後の大舞台でも暴れ回る。

    ■直近4ヶ月成績(*10/21現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    117.08 10 6 5 2 10
  • 南潤

    和歌山 ・111 期・S2

    南潤

     初G1となったオールスターでは、749着で強制帰郷。岐阜記念も準決で敗れ、「競輪を知らなさすぎる」と経験不足を実感した。それでも、その後のビッグレースを走って多くの経験値を得ているだろう。その成果を当大会で発揮する。

    ■直近4ヶ月成績(*10/21現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    109.25 20 7 3 2 12
  • 稲垣裕之

    京都 ・86 期・S1

    稲垣裕之

     9月向日町記念は優出こそ逃したが、2日目に約4ケぶりの白星。「レース形態が変わって出遅れたけど、段々と手応えはつかめてきた」。スピード競輪の波に飲まれることなく、対策を講じている。進化した走りで再び輝こう。

    ■直近4ヶ月成績(*10/21現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    111.94 1 1 5 1 11
  • 吉田拓矢

    茨城 ・107 期・S1

    吉田拓矢

     武田豊樹の助言を受けて、積極性が復活。比例するように、成績も徐々に上向いてきた。9月青森記念の準決は裸逃げとなるも、後続を突き放して圧勝。今回も、スケールの大きい走りで関東勢を盛り立てよう。

    ■直近4ヶ月成績(*10/21現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    110.65 16 7 5 0 14