KEIRIN EXPRESS

全国の競輪開催案内のポータルサイト

いわき平競輪

IWAKI TAIRA KEIRIN

13#

レース展望

近畿を止められるのか…

  • 脇本雄太

  • 村上義弘

  • 三谷竜生

「第61回オールスター競輪(G1)」が昨年に続いて、いわき平競輪場で15日から開催される。輪界のトップ135人が、5日間に渡って繰り広げる熱い戦いは最後まで目が離せない。また、2、4日目には、ガールズケイリンコレクション「アルテミス賞」、「ガールズドリーム」が一発勝負で行われる。


全日本選抜で幕を開けたG1戦線も、ダービー、高松宮記念杯とすでに3つのタイトルホルダーの名前が刻まれた。近畿2段駆けを粉砕した新田祐大がグランプリ一番乗りを果たした。その勢いのまま昨年後半と同様に新田、渡邉一成がタイトル争いをリードすると思われたが、ダービー、高松宮記念杯を三谷竜生が連覇。3つのG1表彰台(9人)のうち7人が近畿ということを考えれば、近畿勢が大きな潮流をつくっているのは間違いなさそうだ。
 そのなかでも脇本雄太を抜きに近畿勢は語れない。ナショナルチームに所属し、競輪の出場機会も限られている。今年ここまで出場したのは、わずかに5場所のみ。ダービー決勝では浅井康太、新田にレースをさせることなく、ラインの4車で上位を独占。高松宮記念杯も先行策から3番手以下をちぎって三谷とマッチレースを演じた。続く福井記念では野原雅也の番手で競り込まれた2日目を除いては、次元の違う走りでV。G1、3連覇がかかる三谷、獲得賞金でS班返り咲きを濃厚にしている村上義弘ら充実の布陣で、近畿勢が別線に立ちはだかる。

  • 新田祐大

  • 渡辺一成

  • 平原康多


 北日本勢は、渡邉、新田の地元S班が中心。全日本選抜では単騎のハンデをものともせず新田がV奪取した。ナショナルチームでのハードトレーニングと競技のなかで、調整がかみ合っていない新田だが爆発的なパワーはピカイチ。日本代表のチームチームメイトの脇本にはない武器を持ち合わせている。それだけに地元のアドバンテージをうまく生かすと、今年2度目の戴冠が待っている。サマーナイトFを制した渡邉も動きは悪くない。新田次第で、オールスター連覇への視界が開けてくる。
 平原康多、武田豊樹、諸橋愛と3人のS班を擁する関東勢。平原は積極策も厭わない強気の攻めと、立ち回りのうまさでナショナルチーム組としのぎを削っている。ダービー、高松宮記念杯と続けて決勝進出を逃したが、白星は順調に重ねている。吉澤純平、武田の師弟コンビや木暮安由、諸橋と織りなすラインの調和がマッチすれば、脅威の布陣ができあがる。

  • 深谷知広

  • 原田研太朗

  • 山田英明


 ナショナルチームでスピードの絶対値をさらにアップさせている深谷知広、復調気配の竹内雄作、吉田敏洋に浅井と、機動タイプがそろった中部勢も侮れない。地区を束ねる浅井も本来の動きを取り戻し、後半のG1戦線で巻き返したい。
 原田研太朗、太田竜馬らの躍進をみせる20代の機動型と、これまでを支えてきた小倉竜二、香川雄介、桑原大志、岩津裕介が息を合わせる中四国勢も怖い。
 中川誠一郎、山田英明と一撃を秘めた九州勢は、展開次第も台頭できるだけの力は持っている。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 次へ≫

注目選手

  • 南潤

    和歌山 ・111 期・S2

    南潤

     4月の函館でデビューからのG3最速優勝記録を塗り替えた南潤が、いよいよ待望のG1デビューを果たす。卒記チャンプに輝き、一発勝負のルーキーチャンピオンを3月に制した。勝負強さを兼ね備えた111期の出世頭が、どんな走りを見せるのか注目したい。

    ■直近4ヶ月成績(*8/18現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    108.80 14 11 2 4 4
  • 松本貴治

    愛媛 ・111 期・S2

    松本貴治

     1月に3場所連続の完全VでA級を卒業。まだ、S級優勝の経験はないが、実直に先行力を磨いている。4月の川崎ナイター記念では、ファイナルにコマを進め、その存在をアピール。四国の機動型が躍進している流れに乗って、初めての大舞台でも積極策で結果を出したい。

    ■直近4ヶ月成績(*8/18現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    107.30 19 7 5 2 9
  • 山崎賢人

    長崎 ・111 期・S2

    山崎賢人

     まだまだ組み立て面での甘さもあるが、デビューから1年がたちようやく持てるポテンシャルを余すことなく出せるようになってきた。5月の松阪でS級初優勝を飾ると久留米記念を挟んでF1を3連覇。マーク屋泣かせの強烈なダッシュがG1で唸りを上げる。

    ■直近4ヶ月成績(*8/18現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    110.42 17 11 6 1 3