しずおか競輪

SHIZUOKA KEIRIN

38#


決勝戦レポート

児玉碧衣がガールズGP初制覇

 1年の集大成となるガールズグランプリ。ハイレベルな頂上決戦を制したのは児玉碧衣だった。人気に応える見事なまくりで頂点に立った。
 「今までにない喜びがすごくこみ上げてきて、本当に嬉しかったです。静岡のお客さんは声援も多いし、お客さんも多くてすごい力になりました」
 強い気持ちで挑んだ大一番。立ち回りは冷静だった。最終ホームを迎えてもけん制状態が続いたが、慌てることなくタイミングを見計らっていた。
 「たぶん我慢比べになるだろうなっていうのは思ってて。梅川(風子)さんがずっと後ろを見てるので。誰かが発進したら、その勢いをもらってっていう感じに考えてて。そしたら(高木)真備さんが先に動いたので。梅川さんも真備さんを追うのに必死だったから、その間に駆けちゃおうって思って。スピードもうまく乗ってたし。4コーナーを回ったくらいには優勝は決まったなと思いました」
 まさに完勝だった。これで8月平ドリームレース、11月小倉ガールズグランプリトライアルAに続いてビッグレースを3連覇。圧倒的な強さで初の賞金女王に輝いた。
 「去年、一昨年となかなか大きいところが獲れなくて、やっとオールスターとガールズグランプリトライアルとグランプリを獲ることができて、努力が結果に出てきてるのかなっていうふうに思うので、すごい充実した1年間だったと思います。今回もいけるだろうって自分に言い聞かせて自信を持って走りました。グランプリというのは一番大きい舞台なので、ここで優勝することができてまた自信にもなったし、来年はもっと強くなってタイトルを全部獲るくらいのつもりで頑張ります」
 児玉の進化はまだまだ止まらない。19年は絶対女王として、1年間を華麗に駆け抜ける。
 
 初手から児玉の後ろにいた石井貴子が児玉を懸命に追いかけて2着に入った。
 「大きな舞台で外枠が多かったんですが、今回は4番車なのでチャンスがあると思ってました。児玉さんの脚が一番あるのは誰もが認めるところだし、その後ろで勝負しようと考えてました。思ったより仕掛けが遅くなって、児玉さんが仕掛けた時に、尾崎(睦)さんとも併走になってしまったので、最後に差しにいくことができなかった。悔しいですね」
 
 スローペースにしびれを切らした高木真備は思い切って先行したが、3着に残るのが精いっぱいだった。
 「もっとみんな早めに来ると思ってました。ああなるとは思ってなかった。もう行きたいなって思って行ったけど、もうちょっと待ってもよかったかもしれない。1着以外は全部、一緒なんですが、自分で行っての結果なんで悔いはないです」
 
 史上初のガールズグランプリ連覇に挑んだ石井寛子は絶好展開をモノにできなかった。
 「(高木)真備ちゃんが行ってくれて、バックでもしかしたらと思ったんですけどね。そしたら意外に脚がキツかったです。車間を切っていたけど詰まらなかった。いつも通りの差し脚を発揮できなかったです。自分の力不足を痛感しました」
 
 地元の鈴木美教は持ち味を発揮できず7着に敗れた。
 「何もできなかったです。自分の甘さが出ました。また一から出直します」

レース経過

 号砲と共に反応よく飛び出した石井寛子が誘導後位に収まり、高木真備が2番手を確保する。鈴木美教が4番手の児玉碧衣の位置に追い上げると、児玉は車を下げる。最終的な隊列は、石井寛、高木、梅川風子、鈴木、児玉、石井貴子、尾崎睦の順。
 打鐘を過ぎても隊列に動きはない。2センターで鈴木、梅川が車を外に持ち出してけん制し合うが、両者ともに仕掛け切れないまま最終回に入る。各車が意識し合って膠着状態が続くなか、高木が1コーナーからカマして先頭へ。石井寛は反応が遅れて高木と車間が空くも、2コーナーから懸命に追いかけていく。ほぼ同時に、5番手から児玉も仕掛ける。猛スピードで前団を飲み込んでいった児玉は、直線で高木を捕らえて初の女王の座に輝いた。初手から児玉を追った石井貴が2着。高木が3着に逃げ粘った。

車番 選手名 年齢 府県 期別 級班 着差 上り 決まり手 S/B

▲TOPへ