KEIRIN EXPRESS

全国の競輪開催案内のポータルサイト

松山競輪

MATSUYAMA KEIRIN

75#

レース展望

新田祐大を中心にスピードバトル

  • 新田祐大

  • 渡辺一成

  • 深谷知広

自転車アジア大会出場のため、2月の全日本選抜を欠場した渡邉一成、深谷知広がグランプリ以来となるレースに参戦。ここで今年初めてS班9名が勢ぞろいする。


 中心はやはり全日本選抜を制した新田祐大になるだろう。競技で磨いたスピードが競輪と融合したのが昨年だ。両立に体が慣れるまでに時間はかかったが、6月高松宮記念杯で優勝するとその後のビッグレースはオール優出。11月競輪祭での優勝をはじめ、決勝戦でも確定板すら外していない。ここも自慢のスピードでビッグ連覇を狙う。渡邉一成は今シリーズがグランプリ以来、3カ月ぶりの実戦。レース勘の不安こそあるが、新田同様にナショナルチームで磨いたスピードでどこまでカバーできるか。昨年は8月オールスター、10月の寛仁親王牌で優勝するなど、新田を交わせる数少ない存在だ。佐藤慎太郎は新田、渡邉ら充実した北日本の機動型を目標に上位進出を目指す。

  • 平原康多

  • 武田豊樹

  • 浅井康太

 平原康多、武田豊樹に諸橋愛とS班3名を擁する関東勢も層は厚い。平原は今年も輪界随一といっていい総合力の高さで安定した成績を残している。武田もオールスターでの骨盤骨折から復帰後は苦戦していたが、グランプリを目標に立て直した成果が今年に出ている。松山は09年にオールスターも制した相性のいいバンクだ。昨年後半から落車続きの諸橋だが、幸い怪我は軽い。ここまでに上積みできれば、鋭いキメ脚で優勝争いに加わってきそう。全日本選抜でビッグ初優出を決めた吉澤純平や吉田拓矢、木暮安由と関東勢にはS班以外にも注目選手がそろっている。

 深谷知広が実戦復帰。全日本選抜では悔しい思いをした中部勢にとっては巻き返しを図るシリーズだ。浅井康太の地元、全日本選抜は二次予選敗退で終了した。立川記念のあとにインフルエンザにかかるなど、体調不良もあって今年はまだ思うような結果を残せていないが平原と並ぶ輪界を代表するオールラウンダー。ここまでにはしっかりと立て直してくるだろう。グランプリ以来の実戦となる深谷だが、ナショナルチームで磨いたスピードでどんな走りを披露するか。全日本選抜では悔しい思いをした竹内雄作や吉田敏洋、坂口晃輔もいて、相変わらず中部勢の層は厚い。

  • 村上義弘

  • 原田研太朗

  • 山中秀将

 近畿勢はここでも村上義弘を中心に結束する。村上は全日本選抜で決勝2着。新田のスピードに屈したが、近畿4車で結束力を見せるレースはできた。今シリーズもS班の三谷竜生に脇本雄太と他地区の強豪にも負けない力を持った自力選手はいる。三谷は2月高松で記念初優勝を飾るなど気配は良好。脇本は競技用と競輪用自転車のギャップさえ埋められれば、他地区の同型を圧倒できるだろう。

 中四国勢には若手機動型が目白押し。全日本選抜で決勝に進出した原田研太朗を筆頭に太田竜馬、取鳥雄吾、小川真太郎ら次代を担う有望株が大挙して参戦する。追い込み型では香川雄介が昨年後半からの好調を維持。実績一番の小倉竜二に渡部哲男、橋本強も地元ビッグに気合いを入れて臨んでくるだろう。

 南関勢は自力の山中秀将、近藤隆司に追い込みでは渡邉晴智中村浩士と質、量ともに豊富な陣営。九州勢は中川誠一郎、松岡貴久に井上昌己とスピードタイプをそろえてビッグレースでの存在感を取り戻す。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 次へ≫

注目選手

  • 芦沢辰弘

    茨城 ・95 期・S1

    芦沢辰弘

     昨年の競輪祭で初のG1を経験してから、ひと皮むけた印象だ。全日本選抜では結果を残せなかったが、差し脚は明らかに好調。スジの機動型が豊富なここもチャンスはある。

    ■直近4ヶ月成績(*11/20現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    110.45 0 7 7 2 8
  • 稲毛健太

    和歌山 ・97 期・S1

    稲毛健太

     年頭はインフルエンザで地元記念を欠場し、1月名古屋では991着。調子を崩したかに見えたが、2月高松記念のブロックセブン1着で流れを取り戻した。全日本選抜では2勝を挙げるなど復調著しい。

    ■直近4ヶ月成績(*11/20現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    106.50 9 7 2 0 11
  • 島川将貴

    徳島 ・109 期・S2

    島川将貴

     11月伊東のS級初優勝で今回の初ビッグ出場の権利をゲットした。最近は予選敗退もあるが、積極的なレースを見るかぎり調子の不安はない。初ビッグで存在感を発揮できるか。

    ■直近4ヶ月成績(*11/20現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    104.40 18 10 3 3 9