KEIRIN EXPRESS

全国の競輪開催案内のポータルサイト

久留米競輪

KURUME KEIRIN

83#

FⅠオッズパーク杯

5.26Fri 27Sat 28Sun

次回開催

G3

6/24 ・25 ・26 ・27

レース展望

自在戦冴え渡る細田愛

  • 細田愛未

  • 野口諭実可

持ち味である自在戦が冴え渡り、好成績を残している細田愛未。3月〜4月は4場所走って2V、準V2回と決勝で連を外していない。今年の連対率は7割を上回っていて、昨年の45%から大きくジャンプアップしている。今の充実ぶりなら優勝に最も近い存在とみて中心視した。
 野口諭実可も今年の連対率は7割に迫る勢いで、戦歴は細田に見劣りしない。初戦の1月広島でVスタートを決めると、その後は優勝には手が届いていないものの、準V3回、決勝3着4回と安定感は抜群。自力基本ながら追い込みもこなせるので、うまくレースの流れに乗ってのVゲットは十分だ。
 那須萌美は堅実さが売り。やや勝ち味に遅く、今年の勝ち星はまだ3勝ながら、ほとんどの場所で優参し、準Vが5回もある。好位置占めれば連対望める。
 徹底先行の石井貴子は相変わらず積極的で、直近4ケ月の連がらみの決まり手は87%が逃げてのもの。ここもブレない先行勝負で風を切る。
 2月小倉で待望の初Vをものにした藤原春陽。大久保花をはじめ、野口諭、吉岡詩らの強豪を撃破した。ツボにはまった時の一発には注意したい。
 当所ホームの廣木まこも侮れない。普通開催ではほとんど決勝に乗っていて、2月豊橋はまくって準V。機動力を発揮なら浮上も。

 

注目選手

  • 田中月菜

    佐賀 ・118 期・L1

    田中月菜

     今年は4月武雄まで9場所走って1回も決勝を外していない。やや勝ち味に遅く、まだ勝ち星はあげていないが、予選の2着が多いので、予選は連下で狙いたい。

    ■直近4ヶ月成績(*5/22現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    51.54 2 2 11 2 18
  • 板根茜弥

    東京 ・110 期・L1

    板根茜弥

     ここのところ決勝に乗れずにいたが、4月小倉226着、同月前橋236着と続けて優参を果たした。流れが良くなってきたので、予選は連の伏兵として注目したい。

    ■直近4ヶ月成績(*5/22現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    51.92 1 6 4 5 10