KEIRIN EXPRESS

全国の競輪開催案内のポータルサイト

久留米競輪

KURUME KEIRIN

83#

FⅠオッズパーク杯

5.26Fri 27Sat 28Sun

次回開催

G3

6/24 ・25 ・26 ・27

レース展望

渡邉豪が地元Vに闘志

  • 渡邉豪大

  • 坂本修一

地元の渡邉豪大が主役を務める。S級で優勝経験もある実力者とあって、さすがに降級した今期は格上の走りを披露している。3月高松112着、4月福井121着、同月小倉は3連勝で今期4V目を飾っていて、ここ3場所は連を外していない。何でもありの自在戦で地元ファンの期待に応える。田中陽平が渡邉とタッグを組み九州ワンツーを目指す。
 坂本修一、山本奨の岡山コンビを重視する手もある。坂本は高いレベルで成績をまとめていて、今期は2V、準V3回、決勝3着3回と競走得点は今節トップ。山本も今期は2V、初日特選で7勝をあげている。両者ともに動けるが、積極さで上回る山本が前で戦うか。山本が好スパートなら岡山ワンツーは十分。注目株は室井蓮太朗だ。在所時の記録会でゴールデンキャップを獲得した好素材で、3月小倉で特別昇班を達成した。1、2班戦初戦の4月高松は123着。このクラスでもスピードは通用する。
 徹底先行の福元啓太を佐藤成人が盛り立てる近畿勢も好勝負が見込める。決勝では結果が出ていない福元ながら、ここ3場所は初日特選で3勝、準決では2勝と調子は問題ない。ここも主導権奪取に全力投球の構えか。中近スジで大洞翔平まで加勢ならラインも強化する。

注目選手

  • 犬塚貴之

    愛知 ・117 期・A2

    犬塚貴之

     最近は準決を乗り切れない場所が目立つが、先行主体の競走で奮戦していて動きは悪くない。当所は1月に走って12着で決勝に乗っている。予選は主力になるし、準決でも目が離せない。

    ■直近4ヶ月成績(*6/15現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    88.75 13 7 7 7 11
  • 谷口幸司

    高知 ・111 期・A1

    谷口幸司

     今年はまだ決勝には乗れていないものの、予選はほとんどクリアしている。当所では昨年11月は連勝で優参、2月は優参成らずも332着と好成績を残しているので、人気の有無にかかわらず注意したい。

    ■直近4ヶ月成績(*6/15現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    87.11 0 3 8 7 9