KEIRIN EXPRESS

全国の競輪開催案内のポータルサイト

久留米競輪

KURUME KEIRIN

83#

FⅠオッズパーク杯

5.26Fri 27Sat 28Sun

次回開催

G3

6/24 ・25 ・26 ・27

レース展望

スピード甦った南潤

  • 南潤

  • 原田研太朗

  • 柳詰正宏

全プロ記念競輪in富山との並行開催のためトップクラスは少ない。実力横一線で狙いは絞りにくいが、勢いがあるのは南潤だ。長らく低空飛行が続いたため、昨年の前期から3期続けて2班ながら、ここに来て持ち前のスピードが甦ってきた。3月平121着の決勝は、吉澤純の逃げを上がり11秒1の快速まくりで仕留めている。4月四日市G3では1241着と3連対。惜しくも優参は成らなかったものの、準決は先行して粘っていて、連日の動きは力強かった。超ド級の自力型が見当たらないここは優勝候補の筆頭とみた。今シリーズの近畿勢は、南潤の他は競走得点が100点に届いていない。メンバー構成次第では、中近スジで不破将登、長尾拳太の岐阜コンビが南との連係もありそうだ。
 相変わらず成績には波がある原田研太朗ながら、仕掛けがツボにはまったときの自力攻撃は破壊力満点。昨年は豊橋記念を含み6Vを達成しているし、今年も2月小松島、同月京王閣を連覇している。好スパートを決めれば圧勝しても不思議ではない。濱田浩司が原田に続く。4月松山ではオール2着の準Vと健闘していて、目標つかんだときの差し脚はしっかりしている。原田が主導権を握るようなら四国勢での連独占は十分。
 九州勢の浮沈の鍵を握っているのは中川誠一郎だ。最近は自慢の快速が影を潜めていて、2月以降は決勝進出を果たせていない。中川に調子の上積みがあるようなら、地元の柳詰正宏が浮上する場面も。

注目選手

  • 川口雄太

    徳島 ・111 期・S2

    川口雄太

     先行したときの末脚はもう少し欲しいが、まくり、差しに回ると力強い。ここ7場所は予選で3勝をあげている。予選、3日目特選あたりなら好勝負が期待できる。

    ■直近4ヶ月成績(*6/15現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    101.43 3 6 3 4 17
  • 伊藤裕貴

    三重 ・100 期・S2

    伊藤裕貴

     柔軟性を兼ね備えた自力攻撃が持ち味。4月四日市G3の一次予選は谷口遼の逃げに乗って勝っていて、番手戦もそつなくこなす。混戦模様のレースは見逃せない。

    ■直近4ヶ月成績(*6/15現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    102.53 8 8 2 6 14
  • 奥村諭志

    岡山 ・111 期・S2

    奥村諭志

     4月武雄記念では8181着。まくって2勝をあげていて、自力攻撃が冴え渡っていた。同格相手の予選、選抜クラスは人気の有無にかかわらず目が離せない。

    ■直近4ヶ月成績(*6/15現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    100.80 6 3 5 3 19