久留米競輪

KURUME KEIRIN

83#


レース展望

小川真の復活に期待

小川真太郎

山本伸一

 ケイリンエボリューションは、久しぶりに日本人同士の争い。中心になるのは小川真太郎だ。7月川崎での落車で鎖骨を骨折し、強行出場したオールスターは一息。しかし、その後は2場所を欠場して、療養に努めた。復帰した共同では野原雅也、岩本俊介らに先着して一次予選をクリア。「もう元気になりました」と怪我の不安を払拭した。あとはレース勘、脚力を戻すだけ。共同から1ケ月が経つだけに、上積みも見込めるだろう。持ち前の機動力を生かして、期待に応える。

 山本伸一も侮れない。今年は8月富山記念を優出など、G戦でもV争いに参加。一時期は怪我で低迷していたが、近畿の一翼を担うまでに復活した。スピードを生かせるカーボンフレームなら、さらにキレのある走りを披露できる。持ち味を存分に生かして、強敵を撃破しよう。

 佐々木豪も若さ溢れる走りで対抗。競輪では積極的な競走で着実に力を付けている。先行で培ったパワーは、メンバー随一だ。本番も、強気な組み立てで真っ向勝負を挑む。

 高橋和也は、3月名古屋記念を優出。競輪でも上位を脅かすだけに、一発の魅力十分だ。

▲TOPへ