KEIRIN EXPRESS

全国の競輪開催案内のポータルサイト

小倉競輪

KOKURA KEIRIN

81#

FⅠ

5.6Mon 7Tue 8Wed

次回開催

F2

5/23 ・24 ・25

レース展望

機動力が甦った石原颯

  • 石原颯

  • 林慶次郎

ダービー直後の開催のため、S1班中堅クラスが主力のシリーズ。そんな中、石原颯の戦歴はひときわ光る。2月高松記念2911着、3月玉野記念1491着とG3で機動力を猛アピール。もちろんF1戦では常に主役を演じていて、1月別府112着、2月小松島121着、3月松山は連勝で優参。落車が続き調子を落としていた昨年後期の不振から完全に立ち直っている。今の脚勢なら、好スパートして別線をねじ伏せよう。同県の福島武士が石原を盛り立てる。1月別府の準決は、逃げ切った石原に食い下がり2着、2月高松記念の一次予選では、石原の逃げを差し切った。連係実績は豊富で、ここも香川ワンツーは十分。
当所ホームの林慶次郎が率いる九州勢も好勝負が見込める。最近の林は好調で、3月武雄G3では、予選を連勝で準決にコマを進めた。二次予選は高橋晋、菅田壱の北日本勢に先手を許さず逃げ切っている。田中誠、島田竜二のベテラン勢が後ろを固めればラインも強固。林がタイミングよく仕掛けて主導権を握れば、九州勢で連独占も考えられる。
展開がもつれるようだと、山岸佳太、高橋築の関東勢が怖い存在となる。両者ともに自在型だが、全日本選抜の3日目、最終日に連係した時は、いずれも高橋が前で戦っている。ここも年齢の若い高橋が前回りか。高橋の自在戦が奏功すれば、関東ワンツーがあっておかしくない。
まだS級では優勝経験がない渡邉雅也だが、2月玉野で準Vなど、F1戦ではコンスタントに決勝に乗っている。機動力を遺憾なく発揮できれば一発怖い。

注目選手

  • 小川丈太

    徳島 ・111 期・S2

    小川丈太

     主武器のまくりは破壊力抜群で、直近4カ月の勝率は3割を上回っている。優参は少ないものの、2月岐阜では112着とヒットを飛ばした。一発の魅力を秘めている。

    ■直近4ヶ月成績(*6/15現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    102.93 3 5 3 0 8
  • 上田尭弥

    熊本 ・113 期・S2

    上田尭弥

     一息不足の場所が続いていたが、3月小倉272着、同月岸和田126着など、徐々に調子を戻してきた。底力はあるので、更に調子に上積みがあるようなら、上位戦でも軽視できない。

    ■直近4ヶ月成績(*6/15現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    101.64 11 3 6 1 15
  • 畝木努

    岡山 ・107 期・S2

    畝木努

     決勝には乗れていないものの、毎場所1回はコンスタントに連に絡んでいる。3月武雄G3でも2日目にまくって1勝をあげた。同格戦は人気の有無にかかわらず目が離せない。

    ■直近4ヶ月成績(*6/15現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    98.69 8 4 4 1 17