KEIRIN EXPRESS

全国の競輪開催案内のポータルサイト

いわき平競輪

IWAKI TAIRA KEIRIN

13#

FⅠデイリースポーツ杯

11.30Wed 1Thu 2Fri

次回開催

F2

12/16 ・17 ・18

レース展望

相性抜群な南関コンビ

  • 福田知也

  • 根田空史

  • 菅田壱道

根田空史、福田知也の南関コンビがⅤ争いをリードする。両者は抜群の相性を誇り、数えきれないほどワンツーが決まっているし、10月松山での福田のG3初優勝の立役者になったのも根田だった。福田は松山G3での優勝の後も鋭脚を保っており、11月四日市記念では213着で決勝に進出している。四日市の二次予選は松井宏のカマシにぴったり付け切ると周りの状況を確認しながら、ゴール前で抜け出しており、ここも根田が主導権を奪う展開ならⅤを逃さないだろう。もちろん、仕掛けのタイミング次第で根田の押し切りも十分。ピスト6にも積極的に参戦してスピードを磨いている成果がレースにも生きてきているし、寒くなってくる季節も馬力のある根田にはマッチしている。
 菅田壱道ら北勢が対抗していく。仕掛けは早くないし、もどかしさを感じるレースも少なくない菅田だが、今年は7月福井記念を含めて4Ⅴをマークしている実力は決して侮れない。また、自力自在な走りで昨年を上回るペースで1着を量産している地元の佐藤一伸もⅤ候補に挙げられる。徹底先行で鳴らす木村弘が優参してくれば流れは北勢に大いに傾くし、並びも含めて動向には注意が必要だ。
 親王牌で落車した小森貴大が復帰してくれば椎木尾拓哉にもチャンスのシリーズとなりそう。松山G3で3連対など乗れている笠松将太と、池田勇人の埼玉コンビにも一発の魅力を感じる。

注目選手

  • 道場晃規

    静岡 ・117 期・S2

    道場晃規

     準決が壁だが、予選や負け戦では連対を増やしていて着実に名前を売っている。ダッシュのいい仕掛けが魅力で、このシリーズで手応えをつかんで地元の伊東記念に向かいたい。

    ■直近4ヶ月成績(*12/3現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    102.00 16 7 4 0 24
  • 清水剛志

    福井 ・103 期・S2

    清水剛志

     同格戦ではしぶとく確定板入りするレースが目立ち、直近4カ月の連対率、3連対率はそれぞれ30%、50%の数字を残している。自力基本に攻め口は多彩で、ここも混戦は見逃せない。

    ■直近4ヶ月成績(*12/3現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    100.10 8 1 7 5 16
  • 中村一将

    兵庫 ・86 期・S2

    中村一将

     S級に復帰した今期はベテラン健在ぶりを随所に示している。格上が相手でも臆せず積極に仕掛けて勝負を挑んでいるし、同格戦ではほぼ毎場所連に絡んでいる。連日動向には注目だろう。

    ■直近4ヶ月成績(*12/3現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    99.16 12 8 5 4 19