とりで競輪

TORIDE KEIRIN

23#


決勝戦レポート

マティエスブフリ(外国)

ブフリが完全優勝

 ともにシリーズ3連勝で勝ち上がった外国トリオが鉄壁のラインを組んだ決勝戦。死角はないと思われたが、日本勢の猛抵抗に苦しめられた。それでもブフリは7番手からロングスパート。逃げる中井太祐を最終バックでねじ伏せると、そのまま後続を突き放した。
 「決勝は難しい。タフなレースでした。2人(ボス、グレーツァー)も同様に感じたと思います。自分がラインの先頭で、先行の気持ちは強かったんですが、日本の選手がすごく強かったです。バックで後ろを見た時にボスさんがいなかったんですが、それはしょうがないので、100パーセントの力で踏みました」
 外国勢の国際トラック競技支援競輪の優勝は16年9月の玉野、17年大垣6月のパーキンスに続いて3年連続になる。外国人選手では2人目のGIIIウィナーに輝いた。
 「GIIIを初めて勝つことができて、本当にうれしく思います。コンディションは自分でもびっくりするぐらいよくて、自信を持ってレースに臨めました。このレースにピークを持ってきたんですけど、またトレーニングをしっかりして、日本でいいレースを見せたいと思います」
 これで前回の宇都宮FIから7連勝。ワールドクラスのスピードで日本の競輪界を盛り上げる。
 
 番手回りで圧倒的な人気を集めたボスは鈴木庸の強烈なブロックで失速。ブフリとの連結を外してしまったが、態勢を立て直してからまくって2着まで届いた。
 「難しいですね。(ブフリが)ちょっと行くのが遅かった。前がけっこういいスピードで駆けていて、1番(鈴木)にいいタイミングでブロックされた。やられてしまって残念です。あれでゼロパーセントになったけど、ずっと待ってあと200メートルのところから100パーセントで行きました。最終的に2着に入れたので結果には満足しています。ブフリが優勝したのはよかった。この結果にファンが満足してくれればいいんですが…」
 
 中井太祐は外国勢を相手に大健闘。主導権を奪って3着に粘り込んだ。
 「決勝でいいレースができました。自分の距離まで引っ張って、そこから目いっぱい行きました。一生懸命、踏んでいただけなので、後ろの状況は分からなかったです。今回は状態もよかったし、また頑張ります」
 
 グレーツァーは慣れない3番手回りで力を発揮できなかった。
 「ボスさんがブロックされて、自分も(鈴木に)ブロックされた。日本の意地というか、ブロックがすごくうまかった。それを早く交わして、乗り越えたかったんですが…。いい経験になりました」
 
 まくり不発の金子幸央はシンガリ負けに終わった。
 「カマそうと思っていたけど、中井さんが駆けてくれてラッキーと思ってました。まくりに行ったけど、中井さんに合わされました。もうちょっと何かできればよかったですね」
 
 鈴木庸之は外国勢を相手に再三のブロックで見せ場を演出した。
 「やれることはやりました。中井君が駆けた時にいい感じで(ボスを)ブロックできました。後ろに外国人しかいないのは分かっていたんで、もう1回ブロックしたら(ボスに)内をいかれてしまった」

レース経過

 号砲が鳴ると、ブフリが別線の出方をうかがいながら誘導員後位へ。ボス-グレーツァーが続き、外国勢が前団。以下隊列は金子幸央-鈴木庸之、中井太祐-林巨人、山中貴雄、鈴木裕で周回を重ねる。
 青板の4コーナーから中井が上昇。誘導員後位が入れ替わる。この動きに山中、鈴木裕、そして金子ら関東勢も続く。7番手となったブフリは仕掛けるタイミングを見計い、打鐘の3コーナーから踏み上げる。鈴木庸のブロックを受けたボスはブフリを追えず。ブフリは車間が空いた5番手に降りて離れたボスを確認すると、最終ホームで再加速。林のけん制も乗り越え、逃げる中井をバックで捕らえる。金子もブフリを目掛けて6番手から仕掛けたが、鈴木裕に合わされて不発。その鈴木裕も進みはいまひとつ。結局、ブフリの勢いは衰えずに、後続を4車身千切って圧勝した。ボスはブフリを追えずも後方で立て直すと、最終3コーナーから大外を踏んで2着に食い込んだ。3着は積極策に出た中井が粘った。

車番 選手名 年齢 府県 期別 級班 着差 上り 決まり手 S/B
1 8 マティエスブフリ 25 外国 999 S級2班 11.3 B
2 4 テオボス 34 外国 999 S級2班 4B 11.1
3 9 中井太祐 28 奈良 97 S級1班 1W 11.6
4 5 林巨人 34 愛知 91 S級1班 1/4W 11.5
5 3 マシューグレーツァー 25 外国 999 S級2班 1W 11.1
6 6 山中貴雄 35 高知 90 S級2班 1/2W 11.4
7 1 鈴木庸之 32 新潟 92 S級1班 1W 11.1
8 2 鈴木裕 33 千葉 92 S級1班 1B1/2 11.5
9 7 金子幸央 25 栃木 101 S級1班 1/2B 11.6

▲TOPへ