KEIRIN EXPRESS

全国の競輪開催案内のポータルサイト

たちかわ競輪

TACHIKAWA KEIRIN

28#

FⅠ第14回山口健治杯・日本名輪会カップ

8.22Mon 23Tue 24Wed

次回開催

F1

9/28 ・29 ・30

レース展望

脇本雄太が強敵を一蹴

  • 脇本雄太

  • 眞杉匠

  • 成田和也

脇本雄太、東口善朋の近畿勢、眞杉匠、神山拓弥の栃木勢、さらに小松崎大地、成田和也の福島コンビと主力はGⅠの決勝でも勝負になりそうな選手ばかりだ。しかも、ここに売り出し中の吉田有希、橋本優己や先行力高い野口裕史まで加わってくるのだから勝ち上がり戦から目が離せない。とはいえ、本命は脇本をおいていない。腰痛で4カ月を棒に振ったが、ダービーではビッグレースを走れる数少ないチャンスを生かしてV。眞杉に乗った平原康多らを力でねじ伏せた走りは競輪界の頂点に立つ機動型に相応しい迫力だった。その後もFⅠ、GⅢ戦を走って白星を重ねており、対戦相手が強化されても集中力高い走りで沈黙させるだけ。GⅠでも脇本とワンツー実績がある東口なら脇本に離れることはなさそう。近畿ワンツーは有望だ。
 7月小松島記念で松浦悠や太田竜らを下して優勝した眞杉は、脇本でも油断ならない強敵だろう。今や先行型としては関東ナンバーワンの存在。ラインの先頭なら臆せず脇本に真っ向勝負していこう。また、小松島記念決勝は単騎でまくって結果を出したように器用さも持ち合わせているので、吉田の番手ならさらに評価を上げていい。
 全日本選抜、ウィナーズカップ、高松宮記念杯とビッグレースで優参を続ける成田は見事な復活ぶりだ。同じく高松宮記念杯で優参の小松崎も自力基本に組み立ての幅を広げていて淡白な競走はしない。福島勢の連浮上も十分だ。

注目選手

  • 河村雅章

    東京 ・92 期・S1

    河村雅章

     切れ味鋭いまくり、差しで安定感ある成績を残している。6月の当所戦も決勝に乗っており、相変わらずホーム戦は結果を出してくる。今回も関東は強力な機動型がそろっていて楽しみだ。

    ■直近4ヶ月成績(*8/18現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    104.61 1 1 4 3 10
  • 山本勝利

    東京 ・117 期・S2

    山本勝利

     S級に上がる直前には5月岐阜、6月京王閣を連続優勝。特に京王閣の決勝は渡口勝成を上がり11秒4でまくって圧勝した。師匠の山崎充央に、兄弟弟子も参戦する一戦。自ずと気合が入る。

    ■直近4ヶ月成績(*8/18現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    96.21 9 5 4 2 8
  • 齋木翔多

    静岡 ・115 期・S2

    齋木翔多

     前期は全てのレースで優参し、V3、準V5回と抜群の成績を残してS級に昇級。逃げて強いのは以前の通りだが、まくりの精度も増したのが快進撃の要因。初のS級でも期待が持てそうだ。

    ■直近4ヶ月成績(*8/18現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    96.05 14 3 6 4 7