KEIRIN EXPRESS

全国の競輪開催案内のポータルサイト

たちかわ競輪

TACHIKAWA KEIRIN

28#

FⅡ報知ゴールドカップ

7.23Fri 24Sat 25Sun

次回開催

F1

8/30 ・31 ・1

レース展望

完調条件に吉田昌司

  • 吉田昌司

  • 中野雄喜

自力攻撃の破壊力はS級の予選で善戦していた吉田昌司が最上位だ。だが、吉田は4月宇都宮でゴール後に落車して欠場が続いている。立て直して体調に問題がないようなら、持ち味である先行基本の競走で別線を沈黙させよう。茨栃ラインで坂本将太郎が吉田とタッグを組む。最近の坂本は成績が安定していて、優参率が高く4月小倉ではVもゲット。好目標を得たここは単望める。
機動力なら中野雄喜もかなりのレベル。4月小田原でVをものにすると、5月向日町は➊①➋着の準V。同月大垣での落車後遺症がなければ好勝負が期待できる。同郷の西谷岳文は5月名古屋では清水剛のまくりに続いて準V。中野が主導権を握るようだと浮上してくる。
競走得点トップの大洞翔平もまた4月宇都宮で落車し欠場中。S級でも自在戦で健闘していたので、本領発揮なら侮れない。

注目選手

  • 林敬宏

    愛知 ・117 期・A2

    林敬宏

     先行基本の競走で着実に力を付けてきた。今期は5月末までに4V、準V5回、予選と準決はすべて勝っている。先行力は1、2班戦でも十分に通用するはずで、3日間注目したい。

    ■直近4ヶ月成績(*7/30現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    82.00 19 17 3 2 3
  • 神山尚

    栃木 ・109 期・A1

    神山尚

     前期のチャレンジ戦は自力主体の競走で安定した成績を残していて、4月松戸、5月川崎でVをゲット。1、2班では昨年10月に青森で完全Vを達成した実績もある。上位戦でも軽視できない。

    ■直近4ヶ月成績(*7/30現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    77.56 11 12 6 4 8