たちかわ競輪

TACHIKAWA KEIRIN

28#


決勝戦レポート

平原康多(埼玉)

平原康多が新年最初の記念を制す

 あくまで真っ向勝負。中団を確保した平原康多は、出し惜しみすることなく最終2コーナーから踏み込んだ。逃げる小川真太郎を2センターで捕らえてV。記念開幕戦を制し、最高の形で18年をスタートさせた。
 「小川君がだいぶ掛かっていて、かなり苦しい展開になりましたね。まくり追い込みでもいいかなって掛かりだったんですけど、内に詰まってつまらない競走をするより、自分のスタイルでと思って。簡単に記念も優勝できないので、それが(今年の)一発目で獲れてよかったです」
 年末の大一番、平塚グランプリから中3日での参戦。肉体だけではなく、精神的にも疲労があったことだろう。助けとなった仲間を思いつつ、力勝負での優勝に笑みがこぼれる。
 「ここまで(初日、準決で連係した)金子(幸央)君が力になってくれて、ここまでこれたことは忘れていません。その上で自力で勝負しての優勝なので。芦澤(大輔)君が2着ならよかったけど、3着に入って競輪祭の権利も取れましたし。グランプリに向けてやってきたことが、今回で出たと思う。毎年、(当所記念に)呼んでもらって。かなり疲れがある中での開催なんですけど、結果を残すことができてよかったです」
 一戦集中の走りは変わらず。そんな平原の姿に、今年もファンは魅了される。
 「また、長い戦いが始まりましたね。今のところ(賞金が)1位なので、このままいけるように。(次走は地元記念だが)大宮だからどうとかじゃなくて。一戦、一戦の積み重ねで頑張りたい」

 7番手に置かれた浅井康太は最終3コーナーから仕掛けるも、前団を捕らえられず。しかし、このだ性をもらった金子貴志が、大外のコースを強襲して2着に入った。
 「浅井のスピードがすごくて、いけるかなと思ったんですけどね。岩津(裕介)と絡んでしまって、あれがなかったら面白かった。最後は浅井がスピードに乗せてくれたので伸びました」

 平原マークの芦澤大輔は、小倉竜二に絡まれながらも3着。平原に続けなかった結果を、大いに悔やむ。
 「小倉さんが来るのはわかっていました。付いていきたかったですね。それ(付いていってゴール前勝負をするの)がマーク屋の仕事ですから。最後に課題を頂きました」

 不発に終わった浅井康太は、先を見据えながら口を開く。
 「できれば、(自分が)カマス展開にしたかったですけど。小川君が立ちこぎしていたし、無理だと判断しました。勝ちたかったですけど、収穫はありましたね。もっと先行力とか脚を付けて。(今後に控える)松阪記念や、全日本(選抜競輪)でも、自力で勝ち上がらないといけないですし。1番車(グランプリ覇者)としてだけではなくて、上位の選手として、お客さんにもっと評価されるようにならないと」

 初めて記念の決勝に臨んだ小川真太郎だったが、連日見せた抜群のパフォーマンスを発揮できず。
 「平原さんの圧がすごすぎて。(最終)ホームで叩かれたら終了と思って踏み過ぎました。話にならないですね。でも、今月に松阪記念があるので。そこでリベンジしたいです」

レース経過

 号砲で各車見合った状態から浅井康太がゆっくり出て、正攻法に構える。浅井に金子貴志-志智俊夫の中部勢が前団、中団は平原康多-芦澤大輔の関東コンビ、単騎の岩津裕介がこれに続き、小川真太郎-小倉竜二-濱田浩司の四国勢が後攻めの形で並びは落ち着く。
 青板周回の3コーナーから小川が上昇すると、平原も中団から合わせて動く。小川が誘導員の後位に収まり、平原は4番手を確保。下げた浅井は7番手で打鐘を迎える。小川は鐘と同時にペースを上げて一列棒状のまま最終ホームを通過。2コーナーからまくった平原が小倉のけん制を乗り越えると、そのまま後続を突き放して快勝した。小倉のブロックを耐えた芦澤が懸命に平原を追いかけるが、直線で大外を伸びた金子が2着に入った。
 

車番 選手名 年齢 府県 期別 級班 着差 上り 決まり手 S/B
1 2 平原康多 35 埼玉 87 S級S班 11.8
2 7 金子貴志 42 愛知 75 S級1班 3/4B 11.4
3 8 芦沢大輔 35 茨城 90 S級1班 1/2W 11.8
4 5 岩津裕介 35 岡山 87 S級1班 1/4W 11.7
5 6 浜田浩司 38 愛媛 81 S級1班 3/4W 11.9
6 4 志智俊夫 45 岐阜 70 S級1班 3/4B 11.4
7 1 浅井康太 33 三重 90 S級S班 T 11.7
8 3 小倉竜二 41 徳島 77 S級1班 1/2W 12.1
9 9 小川真太郎 25 徳島 107 S級1班 2B 12.4 B

▲TOPへ