まつさか競輪

MATSUSAKA KEIRIN

47#


決勝戦レポート

稲川翔(大阪)

通算2度目の記念V

 南関勢がつくり出したすさまじいハイペースに、絶好位の4番手を確保したはずの村上義弘も苦戦。空いた車間がなかな詰まらなかったが、稲川翔の信頼が揺らぐことはなかった。
 「村上さんに付かせてもらう時は、毎回勉強の気持ちで走っています。村上さんが(自分にも)絶対にチャンスのある走りをしてくれると思っていたので、ゴールまであきらめずに踏みました」
 前団を射程圏に入れた村上を突き放すように、根田空史が最終2コーナーから番手まくり。それでも執念で根田、岡村潤に取りついた村上のチャンスメイクで、稲川にVロードが開けた。
 「自分は万全ではないなかで決勝に乗れたし、もう失うものがない。ちょっとでも怯んだら勝負にならないと思って無我夢中だった。ゴールするまで力を残さないように。それだけでした」
 昨年12月の向日町FIの準決で落車に見舞われ、途中欠場を余儀なくされ昨シーズンを終えた。18年の初場所の地元、岸和田FIでも決勝で落車。アクシデント続きのなか、村上とのタッグで優勝をつかんだ。
 「(記念優勝)1回目は本当に獲りたくて、やっとっていう感じでした。(今回は)まずは自分のやれることをしっかりとやろうと。年末、年始で落車をして、まさか自分が優勝できるとは思ってなかった。結果がついてきてくれてホッとしてますし、村上さんとの連係で優勝できたのはうれしい」
 一昨年の川崎以来、通算2度目の記念制覇。14年、高松宮記念杯で初戴冠を成し遂げた時と同じように、優勝を重ねても稲川の慎ましやかなスタイルは変わらない。
 「まずは近畿ラインでしっかり自分のできることをですね。そこから」
 近畿にとって欠かせない存在。稲川の優勝をみんなが祝福する。
 
 山中秀将は赤板の1センターから持ち前のスピードを生かして、一気に主導権を奪取。続いた根田が番手まくりを放ち、岡村潤が抜かりなく追走。稲川の差し脚に屈した岡村は、準Vに唇をかむ。
 「(自分の後ろで)車間が切れていたし、ギュンって一気には来られないと思っていたんですけど…。山中君もあんだけ行ってくれたのに申し訳ないですね」
 
 根田空史は山中のスピードが鈍ると、車間を詰める勢いで最終2コーナーから発進。そのまま押し切るかに思われたが、直線半ばで失速して3着に沈んだ。
 「山中さんがタレて来ちゃったんで、車間が詰まったから(自分で)行こうと。タイミング的には良かったけど、まだまだ自分の脚が足りなかった…」
 
 地元の坂口晃輔は高橋和也に乗って、直線で中を猛襲するも4着が精いっぱい。
 「山中さんと根田君の2段駆けで、スピードが完全に上がりきっていた。もう前が掛かりすぎていた。ただ、自分もいい時の感触を思い出した感じもあるんで、(この悔しさを四日市の)全日本選抜にぶつけます」
 
 南関勢のハイペースにてこずった村上義弘は、稲川の優勝をたたえてこう振り返る。
 「前が掛かっていたし、もういっぱいでした。先輩らしいことはなにもできなかったけど、(稲川が)力で獲ってくれた」
 
 「後ろが追い込み選手だったら違うけど、根田が付いているんで粘らせるわけにはいかなかった。やるだけのことはやった」と、緩めることなく敢然と風を切った山中秀将は完全燃焼。

レース経過

号砲で小倉竜二が飛び出して、最内枠を生かした坂口晃輔がその後ろをキープ。早坂秀悟―小倉―高橋和也―坂口―村上義弘―稲川翔―山中秀将―根田空史―岡村潤の並びで周回を重ねる。
赤板前からしきりに後ろを警戒した村上がホームから先に動くと、その上を打鐘前2コーナーから山中が一気に叩く。村上は狙いどおりの4番手を確保したが、ハイペースで駆ける山中の前に6番手の高橋や8番手の早坂は口が空いてしまう。車間を切って後続の巻き返しに備えた根田は2コーナーから番手まくり。車間を詰めた村上は2センターから外に持ち出すが伸び切れない。4角番手で回ってきた岡村が展開有利に根田をとらえたが、村上のスピードをもらった稲川がその外を強襲。2016年4月川崎以来、通算2度目の記念優勝を飾った。

 

車番 選手名 年齢 府県 期別 級班 着差 上り 決まり手 S/B
1 5 稲川翔 32 大阪 90 S級1班 11.5
2 9 岡村潤 36 静岡 86 S級1班 1/4W 11.8
3 4 根田空史 29 千葉 94 S級1班 3/4W 11.9 B
4 1 坂口晃輔 29 三重 95 S級1班 3/4W 11.4
5 3 村上義弘 43 京都 73 S級1班 2B 11.9
6 7 小倉竜二 41 徳島 77 S級1班 3/4B 11.4 S
7 6 高橋和也 31 愛知 91 S級1班 1B 11.9
8 8 早坂秀悟 32 宮城 90 S級1班 3B 11.9
9 2 山中秀将 31 千葉 95 S級1班 D

▲TOPへ