KEIRIN EXPRESS

全国の競輪開催案内のポータルサイト

久留米競輪

KURUME KEIRIN

83#

FⅡケイドリームス杯

1.29Sun 30Mon 31Tue

レース展望

混戦に松岡孝高が断

  • 松岡孝高

  • 高比良豪

レースを力強くリードしていくような傑出した存在は見当たらずV争いの行方は混とんとしている。一応、積極先行で売り出す田村大を目標のレースが考えられそうな松岡孝高を本命に推した。誘導員早期追い抜きのペナルティーで長期欠場を余儀なくされて今期は降級となった松岡。復帰後も調子を乱して大きな着が目立ったが、12月平塚の最終日をまくりで同期の西田大とのワンツー決着を果たして悪い流れは断ち切ってのA級戦なら不安はない。現に降級初戦の1月小倉では早速Vを飾っている。自力自在に何でもできる選手だが、小倉の優勝は利根正の男気先行に乗って強敵を退けており、ここも田村をしっかり援護から抜け出しを決める。
高比良豪は、自在戦が板に付いてきた中村翔平と同乗なら前を任せて、松岡らとは別で地元ラインを形成か。S級でも予選や負け戦でコンスタントに絡んでた高比良は自分で自力自在戦でもVを狙えるが、久留米同士の後輩が前で奮起ならさらにVへと近付く。もちろん、九州でまとまって松岡らと連係でも勝てる位置からの勝負になろう。
 これだけ上位級の機動型が手薄なら、角令央奈、西本直大の近畿コンビを狙っても良さそう。前期は2回の優勝を含め、A級なら断然格上な差し脚を披露した角は今回のメンバーならタテ脚勝負でもVを狙える。まくり健在な西本にとってもチャンスのシリーズだ。
 中四国勢は、米嶋恵介、横内裕人が決勝に乗ってくれば流れを引き寄せられるが、そうならなかった場合は溪飛雄馬、國村洋の立ち回りが注目ポイントとなりそう。両者ともに流れに乗っていっての差し勝負が有力ながら、國村は山崎泰己が前で自在戦を決なら任せる可能性も。
 これだけ機動型が手薄なら、ダッシュ生かした先行勝負に徹する下岡優季にとっては約3年ぶりのVチャンスとなることが考えられる。一発に警戒。

 

注目選手

  • 高橋義秋

    大分 ・96 期・A1

    高橋義秋

     相手次第では先行勝負も辞さない自在型。9月岸和田、10月高松では準決で1着を取るなど定期的にヒットを飛ばしており、ここも大駆けの魅力たっぷりだ。

    ■直近4ヶ月成績(*2/6現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    86.70 4 6 3 2 16
  • 大久保直也

    徳島 ・85 期・A1

    大久保直也

     予選や負け戦が主戦場となってしまったが、コンスタントに1着も取れているし、まくり兼備の差し脚は相変わらずしっかりしている。混戦シリーズだけに準決あたりでも一発が怖い。

    ■直近4ヶ月成績(*2/6現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    87.95 0 3 7 1 10