KEIRIN EXPRESS

全国の競輪開催案内のポータルサイト

久留米競輪

KURUME KEIRIN

83#

FⅠ

7.28Wed 29Thu 30Fri

次回開催

F1

9/3 ・4 ・5

レース展望

成績急上昇の宮崎大

  • 宮崎大空

ラインの総合力は九州勢が大きくリードしている。自力型が宮崎大空、平川慎太郎、追い込み型は原田礼、屋宜浩二とそろっている。中でも最近の宮崎はまるで別人のような好成績だ。準決が壁になっていたが、4月高知で3連勝すると、5月別府131着、6月大垣でも3連勝。勢いを買って中心視した。平川も6月高知で3連勝と好調で、当所は3月に走って112着の実績がある。原田は2年半ぶりのA級戦。前期は1勝にとどまったものの、A級戦なら話は別だ。目標に困らない今節は地元V奪取も十分にありそう。
近畿勢は吉堂将規の機動力に期待がかかる。吉堂は3月岐阜で優勝するなどパワーは非凡だが、4月奈良での落車後は一息不足場所が続いている。調子の上積みがあれば九州勢撃破も。
中国勢は自力型が手薄。櫻井太士、和田誠寿らは位置取りが鍵となりそうだ。

注目選手

  • 和泉尚吾

    愛媛 ・117 期・A2

    和泉尚吾

     5月末に特別昇班を達成した。1、2班戦の初戦だった6月小倉617着、すんなり駆けられた2日目は逃げ切っている。まだレースの組み立てには課題を残すものの、先行力は一級品だ。

    ■直近4ヶ月成績(*7/30現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    81.11 22 15 3 1 7
  • 高田真幸

    福岡 ・83 期・A1

    高田真幸

     やや好不調の波があるが、仕掛けがツボにはまった時の自力攻撃には破壊力がある。6月高松151着は予選で快速まくりを決めると、最終日は久樹克を相手にジャン前から突っ張り逃げ切った。

    ■直近4ヶ月成績(*7/30現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    89.18 2 8 3 4 12