KEIRIN EXPRESS

全国の競輪開催案内のポータルサイト

久留米競輪

KURUME KEIRIN

83#

FⅡ

3.5Fri 6Sat 7Sun

レース展望

地元の中村翔平に期待

  • 中村翔平

チャレンジは中村翔平の地元Vに期待する。1月を終えた段階で、まだデビューから優勝できていないが、10月松山から7連続優出し、そのうち5回が決勝2、3着と着実に優勝には近づいている。2月四日市、奈良の結果次第ではあるが、地元でデビュー初優勝を狙いたいところだ。島村匠は中村の練習仲間。昨年後期にチャレンジ落ちしてからは優勝こそないが、コンスタントに決勝には勝ち上がっている。1月前橋の決勝では中村に離れてしまっただけに、ここはしっかりと連係を決めたい。
成清龍之介も有力なV候補のひとりだ。9月松戸の落車で左ひじを骨折骨折。12月広島のチャレンジファイナルで復帰したが、1月前橋、松戸と再び欠場が続いている。状態に不安を残すが、7月の本デビューから5場所で優勝2回の数字は今回出場する117回生のなかではナンバーワン。万全なら河合康晴を連れて優勝争いをリードする実力者だ。
鈴木玄人も12月京王閣、1月静岡と2度のV実績がある。静岡はカマシて来た中村隆生の番手にはまる好展開もあったが、バックまくりで後続を千切っているだけに力はある。鰐淵圭佑はチャレンジ随一の追い込み型。降級後はここまで確定板を外していないし、2月静岡では117回生3名を破って優勝している。
飛び付き含みで前々に攻める谷口幸司もシリーズ注目の一車。117回生が互いに意識し合うようなら、混戦に乗じて優勝争いに参戦してくるだろう。

注目選手

  • 斉藤重明

    東京 ・71 期・A3

    斉藤重明

     昨年50歳を迎えたベテランだが、ここ5場所で予選は3勝と元気いっぱい。ここ一番で繰り出すまくりも健在で、混戦レースほど狙いだ。

    ■直近4ヶ月成績(*2/28現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    70.32 1 5 2 5 16
  • 菅原洋輔

    岩手 ・98 期・A3

    菅原洋輔

     前受けからダッシュを生かした自力勝負が持ち味だ。敗者戦が狙いにはなるが、最近は予選での連対も目立つ。

    ■直近4ヶ月成績(*2/28現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    71.37 8 6 5 3 10