KEIRIN EXPRESS

全国の競輪開催案内のポータルサイト

久留米競輪

KURUME KEIRIN

83#

FⅠ

1.12Sun 13Mon 14Tue

次回開催

F2

1/30 ・31 ・1

レース展望

地元勢に対抗する中近勢

  • 伊原克彦

  • 鶴良生

そろった中近勢に期待する。ラインを率いる伊原克彦は、19年後期にS級で4勝をマーク。今回は18年前期以来の降級となるが、その時は半年間で2Vを達成している。ここも、持ち前の機動力でV争いをリードしよう。援護するのは、同じくS降りの水谷良和と、堅実な富永益生だ。水谷は8月西武園記念で優出を果たしているし、富永も12月川崎でVなど安定している。ベテランが後ろを固めて、中近ラインで上位独占を目指す。
地元の鶴良生も黙っていない。19年は調子を落とした時期もあったが、夏頃から徐々に復調して10月宇都宮でV。次々開催の11月名古屋MNでも、船瀬惇をまくって優勝を飾った。今シリーズは、タテ脚兼備の高比良豪との地元コンビで、他地区の強敵を迎え撃つ。
中四国勢を率いる山本奨も軽視はできないし、スジの機動型は手薄でも小林圭介の鋭脚は要注意だ。

注目選手

  • 黒田大介

    愛媛 ・77 期・A1

    黒田大介

     12月別府モーニングで、3月別府MN以来の優出を果たすと、続く武雄でも決勝にコマを進めた。近況は、的確なコース取りで直線鋭く伸びていて、人気の有無に関わらず要注意だ。

    ■直近4ヶ月成績(*2/23現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    86.80 0 2 6 3 20
  • 阿部亮治

    広島 ・64 期・A2

    阿部亮治

     12月広島モーニングの予選は、東日本コンビの後ろに付けて、直線で外のコースから鋭く伸びて白星を挙げた。予選や同格戦では、軽視できない存在だ。

    ■直近4ヶ月成績(*2/23現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    81.36 0 2 2 2 16