KEIRIN EXPRESS

全国の競輪開催案内のポータルサイト

小倉競輪

KOKURA KEIRIN

81#

FⅠスポーツニッポン杯

9.24Mon 25Tue 26Wed

次回開催

F2

9/29 ・30 ・1

検車場レポート

  • 9/23 Sun. (前検日)
  • 9/24 Mon. (1日目)
  • 9/25 Tue. (2日目)

6R

選手の写真です。
矢口大樹選手

 同期同県の千葉コンビが中心になりそうだ。

 前を回る矢口大樹はウエイトトレーニングを止めて調子が上向いてきた。

 「S級に上がった時からウエイトを続けていて大げさに言えば依存していたところがあって調子を落としていたときも止めれなかった。でも思い切ってやめて自転車に乗ることを増やしたら結果も出だして気持ちも楽になった。(同期同県・小野裕次との前後は)自分の方がバック数もあるし番手戦は巧くないので、これが自然ですよね。しっかりと自分の競走をしたい」

 番手を回る小野裕次は安定した成績を残す。

 「(安定した成績を残すことは)意識しているしそれができているのは自信にもなっている。番手を回ることも増えてきたけど、自力を辞める分けではない。でも今後を見据えた時に何でもできるような選手になりたいので、技術は高めていきたい」

 差し脚快調な笹倉慎也から目が離せない。

 「伸びて結果は出ているけど、自信を持てていない。確信がないので、強気なことはなかなか言えないですね。前回の初日も行ける所までと思ったら2着に届いた感じです。自力を出すつもりはないし来期以降も見据えてこれからは人の後ろを回っていく」

 

7R

選手の写真です。
野田源一選手

 点数上位で捲り強烈な地元・野田源一が中心になりそうだ。

 「少しずつ良くなっていますね。前回も着は良くないけど、突き抜ける感覚があったレースもあった。前回から中5日で、ケアもして練習もできました。ここから調子を戻していきたいですね」

 矢野昌彦も意気込み十分だ。

 「前回の小倉(昨年7月に748着)が全く良い所がなく終わったので今回は結果を出したい。前回はバックも取れて良くなってきている。(徹底先行が不在で)緩めば行くつもりだし先行有利のバンクなので、積極的に仕掛けていきたい」

 

8R

選手の写真です。
佐々木豪選手

 Gレースに活躍の場を広げている佐々木豪が持ち前のパワーを生かしてレースを掌握しそうだ。

 「前回の共同通信社杯の準決は勉強になりました。あの平原(康多)さんのヨコまでいけて結果は捌かれたけど、4日間通して良いレースができて自信にもなった。次は寛仁親王牌なので、そこに向けても良いレースで結果も出したい」

 番手を回る藤原浩は佐々木と何度も連係しており、信頼を寄せている。

 「A級を含めたら10回ほど連係している。自分は付いていってばっかりだけど、いつも頑張ってくれるので安定して追走できる。そういう意味では相性が良いのかな。でも彼の走りはかなり独特なので、離れたりしないようnい集中して付いていきたい」

 藤田勝也も侮れない存在だ。

 「調子が上がってきた8月の西武園で落車して調子を落とした。でも何とか踏ん張れて少し上がっていきそうな感じもある。自力に拘る必要がないぐらい近畿の若手が育ってきているけど、それでもまだまだ自力はやめられない。佐々木君が駆けない様なら先行もするし何でもやって着に絡むつもりです」

 

9R

選手の写真です。
ジョセフトルーマン選手

 前回の小田原で完全優勝を決めたトルーマンの力が圧倒的だ。

 「前回はボスの番手から優勝できた。前回に引き続いて絶好調ですね。中2日だけど気分が良いので問題なし。しっかりと良いレースをして今回も勝ちたいね」

 番手を回る尾崎剛は食い下がることに集中する。

 「せっかくいい目標を付けてもらえたので必死に付いていきますよ。中9日で練習もできたしトルーマンの強さはもちろん知っているので、頑張ります」

 元砂勇雪はどん底をひた走っているが上昇していきそうな気配がある。

 「名古屋で落車してから調子がイマイチ。練習の感じは良くなっているのに実戦では全然ダメ。どうしていいか分からなくなっている。でもそんなことばっかり言っている場合じゃない。今回から新車。練習の感じはよかったし、外国人相手ならやることが決まっているので腹を括って走りたい」

10R

選手の写真です。
マティエスブフリ選手

 無類の強さを誇るブフリは前回の函館完全優勝から中26日空いて調整はバッチリの様子だ。

 「前回終わってからオランダに3週間帰って前検日の前の日に帰ってきた。良いリフレッシュになりました。前回と同じぐらいグッドコンディション。小倉は走りやすくて好きなバンク。今回もピンピンで勝ち上がりたい」

 番手を回る佐藤龍二はワンツーに意気込む。

 「調子は上がってきましたね。最後の伸びがもう少し欲しいけど。ブフリには頼むよと伝えておいた。前回の小倉は散々な結果だったので今回はその分もの気持ちで走ります」

 山本直は強い気持ちをもって挑む構えだ。

 「気持ちの弱さが出ることが多いので、今回は強い気持ちを大事に戦いたい。前回からフレームを戻して感覚も掴めた」

 

11R

選手の写真です。
山田英明選手

 好メンバーが揃う初日特選の中でも共同通信社杯でも決勝に乗りGレーストップレベルの実力を持つ山田英明がメインだ。

 「前回(決勝)はツメの甘さが出ましたね。自分はコツコツ型なので、これからも地道にやっていく。今回は練習では使っていたけど、実戦は初めてのフレームを使う。前回のモノとほとんど変わらないけど戦えるフレームかどうかを確かめるためにも前回りを志願した」

 バック数最多の早坂秀悟は同期が多く揃いやる気満々だ。

 「同期がこんなに多いのも珍しいね。同期だけはやっつけてやりますよ。朝倉(佳弘)さんとは仲がいいので、付いてくれるのは頼もしいですね。中5日で1日休んで4日練習してきた。力を出し切れるように頑張りたい」

 田中晴基は連続優参中と好調を維持している。

 「あっ旋が詰っているので、練習不足感は否めないですね。でもナイターだし少しゆっくりできるのはありがたい。このメンバーで九州は山田さんが前なら位置取り争いも激しくなりそう。でも後手を踏むことはできないのでそこは意識したいですね」

検車場レポートはただいま公開準備中です。

検車場レポートはただいま公開準備中です。