KEIRIN EXPRESS

全国の競輪開催案内のポータルサイト

いわき平競輪

IWAKI TAIRA KEIRIN

13#

FⅠJC×HPCJC日刊スポーツ杯

2.17Thu 18Fri 19Sat

次回開催

F2

3/19 ・20 ・21

レース展望

快進撃が続く吉田有

  • 吉田有希

  • 武田豊樹

  • 高橋晋也

今シリーズの主役を務めるのは吉田有希。在所時はゴールデンキャップを獲得した有望株で、デビュー後はチャレンジ戦、A級1、2班戦ともに最短の3場所で卒業した。S級でも先行主体の競走で別線を沈黙させていて、11月平塚、同月豊橋、12月西武園と3連覇を達成。スケールの大きな競走で運行も落ち着いているので、持てる力を遺憾なく発揮できている印象だ。ダッシュ力、トップスピード、持久力と3拍子そろった脚力は大器を予感させる。G1大会7Vの実績を誇る武田豊樹が対抗格。昨年は優勝には手が届かなかったものの、12月伊東記念1491着、同月佐世保記念5253着とまずまずの近況だ。茨城勢では朝倉智仁も積極的な自力攻撃で奮戦中。並びは流動的なので、茨城勢の出方には注目しておきたい。
迎え撃つ北日本勢も戦力は整っている。高橋晋也、酒井雄多の地元勢に櫻井正孝、新山将史ら多士済々のメンバー構成。最近の高橋は好調時のような脚勢ではないものの、2年連続でヤンググランプリに出場していて、自慢のスピードは一級品だ。好連係を決めれば高橋が地元Vゲットの場面は大いにあろう。

注目選手

  • 嶋津拓弥

    神奈川 ・103 期・S2

    嶋津拓弥

     寛仁親王牌では補充参戦ながらG1大会で初勝利を挙げると、11月松戸、同月立川と続けて準決で連にからんだ。自在戦が冴えているので上位戦でも軽視は禁物だ。

    ■直近4ヶ月成績(*1/19現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    105.12 3 6 2 5 12
  • 表原周

    大阪 ・100 期・S2

    表原周

     ここのところ差し脚に磨きがかかった感がある。直近4カ月の連対率は5割に迫る勢いで、地元戦の12月岸和田では222着と気を吐いた。好位置占めると怖い。

    ■直近4ヶ月成績(*1/19現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    104.04 0 4 7 3 8
  • 櫻井祐太郎

    宮城 ・117 期・S2

    櫻井祐太郎

     直近4カ月の連がらみは9割超が先行してのもので、組み立ては積極的だ。最近はほとんどの場所で勝ち星を挙げており、同格戦はアタマで狙いたい。

    ■直近4ヶ月成績(*1/19現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    100.27 25 5 4 3 17