はこだて競輪

HAKODATE KEIRIN

11#


決勝戦レポート

南潤(和歌山)

南潤がデビュー最速のG3制覇

 北の大地で新たな伝説が生まれた。南潤がデビューからわずか298日でのGIII初優勝を達成。2年前の当地記念で新山響平(107期)がマークした387日を大きく更新した。
 「とりあえず優勝できて、うれしいですね。勝ちを意識してまくりとかじゃなく、いつどおりのレースをしようと思ってました。結果が出たんでよかったです」
 2度目のGIII決勝の舞台。大記録のかかった一番でも迷いはなかった。打鐘前から全開スパート。同型のライバル達を豪快にねじ伏せた。
 「警戒されて構えてしまうと後手を踏んでしまうので、踏み合いになっても力でその上を行こうと思ってました。大矢(崇弘)さん、鈴木(庸之)さんと踏み合って、正直、脚は残ってなかったです。(優勝は)ゴールするまでは分からなかったですね」
 この優勝で7月松戸のサマーナイトフェスティバル、11月の小倉競輪祭と2つのビッグレースへの出場権利を手に入れた。ファンの注目は高まるばかりだ。
 「デビューして、まだ1年足らずですからね。もっとレベルの高いところで学べると思うと楽しみです。上の人のレースを見て、いいところを吸収していきたいと思います」
 新時代の旗手として、これからの競輪界を引っ張っていく。超新星の今後の活躍から目が離せない。
 南の後位に飛び付いた鈴木は山本伸一をさばいて番手を奪取。その後ろでためていた山下渡が直線で鈴木を交わして2着に入った。
 「(鈴木)ノブが頑張ってくれましたね。作戦としては南が叩くようだったら飛び付こうと、大矢が先制するようなら3番手を確保して先まくりと。その内のひとつの作戦がはまってくれました。自分は伸びているし、感触は悪くないけど、ノブとラインを固めてくれた真崎(新太郎)さんのおかげです。この2着は大きいですね」
 鈴木庸之が選んだ戦法は飛び付き策。3着に敗れたとはいえ、持てる力と技は出し尽くした。
 「あの展開ならハコ勝負と決めてました。ダッシュ勝負で番手を取ったんですが、南君がちょっと流して山本さんがまた追い上げてきたので、それを張っていっぱいでした。南君が強かったけど、頭を使ってやれることはやったので、あとは脚ですね」
 大矢崇弘は初のGIII決勝で何もできずに終わってしまった。
 「あの展開は想定できていたけど、流れが早くて対応できなかったです。別線を警戒するのに脚を使ってしまって…。外を踏んだ時は脚が重かったです。実力不足ですね」
 

レース経過

 号砲で南潤が出て、そのまま山本伸一-松岡孔明で続くラインが前受け。以下は小林則之、鈴木庸之-山下渡-真崎新太郎、大矢崇弘-柴田洋輔での周回となる。
 青板バックで大矢が上昇を開始。大矢は赤板前4角で誘導を下ろしてハナに立つ。南は7番手まで下がり、鈴木が3番手に。大矢が後続の動きを窺う中、2角で南がスパートし、これに合わせて鈴木もダッシュ。打鐘で鈴木の主導権へと変わるが、2センターで南が力ずくで叩いて先頭に立つ。鈴木は飛び付き策に転じ、懸命に南に続いてきた山本を2角でドカして番手を奪取。バックからは松岡がまくりに転じるが、山本を乗り越えるのに脚を使って伸びず。南を、鈴木-山下-真崎のラインが追う態勢で直線に戻るが、南は後続の追撃を許すことなく押し切った。2着には、鈴木の外を踏んで伸びた山下が入る。
 

車番 選手名 年齢 府県 期別 級班 着差 上り 決まり手 S/B
1 1 南潤 20 和歌山 111 S級2班 12.1 B
2 8 山下渡 34 茨城 91 S級1班 1B 12.0
3 3 鈴木庸之 32 新潟 92 S級1班 1W 12.1
4 7 真崎新太郎 39 栃木 85 S級2班 3/4B 12.0
5 9 松岡孔明 36 熊本 91 S級1班 1B1/2 12.2
6 4 柴田洋輔 32 東京 92 S級1班 1W 12.0
7 6 大矢崇弘 26 東京 107 S級2班 3/4W 12.1
8 5 山本伸一 35 京都 101 S級1班 1/2W 12.4
9 2 小林則之 42 静岡 85 S級2班 2B 12.3

▲TOPへ