松山競輪

MATSUYAMA KEIRIN

75#


  • FⅡ
  • 12.11Mon 12Tue 13Wed

次回開催
F2
12/17 ・18 ・19

レース展望

本格化した市橋司優人

市橋司優人

赤塚悠人

近藤夏樹

 戦歴抜群の市橋司優人が主役を務める。今期の競走得点は97点台。ここまで8場所で優勝3回、準V2回と驚異的な成績を収めている。10月和歌山は無傷の3連勝。連日のまくりのスピードは圧巻だった。今開催の直後には広島のレインボーカップファイナルを控えているが、来期のS級初昇格はすでに確定している。強烈ダッシュ力を生かしたまくりで別線を蹴散らそう。堅実な時松正が食い下がり、九州ワンツー決着か。

 赤塚悠人も後半戦に入って一気に調子を上げている。11月弥彦でV。決勝では単騎の大野悟のまくりを追って差し切った。自在戦が持ち味で、特にまくり、差しの切れ味は目を見張るものがある。

 近藤夏樹は一時の勢いこそないが、堅実な河野要を連れてV争いに加わりたい。小林卓人、玉手翔の近畿勢の動向も見逃せない。

注目選手

  • 畝木努
    岡山・107期・A1

    畝木努

     長期欠場から復帰後はいまいち動きが戻らなかったが、11月和歌山では半年ぶりの優出と復調の兆しを見せ始めている。本来のダッシュが戻れば優参は望める。

    ■直近4ヶ月成績(*12/14現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    84.67 5 4 0 2 12
  • 渡辺大剛
    京都・100期・A2

    渡辺大剛

     展開にも恵まれたが、11月久留米3日目は力強い先行で押し切り勝ち。準決勝が壁になっているが、同格戦では勝ち星が多く侮れない一車だ。

    ■直近4ヶ月成績(*12/14現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    85.50 14 4 2 1 17

▲TOPへ