松山競輪

MATSUYAMA KEIRIN

75#


  • FⅡ
  • 12.11Mon 12Tue 13Wed

次回開催
F2
12/17 ・18 ・19

レース展望

ルーキーの坂本拓也が中心

坂本拓也

吉川希望

船瀬惇平

 ヤングパワーの激突だ。ルーキー4名のなかで競走得点を一番持っているのは坂本拓也だ。在校成績は下位に甘んじたが、デビュー後は順調に力を伸ばしている。11月の取手、西武園で2場所連続の完全Vを達成。次場所の宇都宮で3連勝ならA級2班への特別昇班が決まる。

 坂本が特班した場合、吉川希望が主役に躍り出る。何度も踏み直せる強地脚がセールスポイント。10月佐世保ミッドナイトでは無傷の3連勝で初優勝を飾るなど、レースにも慣れてきた。同期のライバルがそろった今シリーズも主導権は譲らない。宮西翼も先行基本のスタイルで好走を続けているが、ここは同県の後輩である吉川に前を任せる可能性が高そうだ。

 デビュー直後は苦戦していた船瀬惇平だが、ここ3場所で完全優勝2回と実戦で力を発揮できるようになった。11月玉野ミッドナイトの決勝は同期のライバルをまくりで撃破。ここもその再現を狙う。

 決め脚鋭い秋永昂人や今期2度のV実績がある横田政直も混戦になれば出番が巡ってくる。

注目選手

  • 坂田学
    兵庫・83期・A3

    坂田学

     直近4場所で5勝、2着2回と高い連対率を誇る。戦法は多彩で決まり手は逃げから追い込みまでバランスよく決まっている。

    ■直近4ヶ月成績(*12/14現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    70.68 5 6 2 1 13

▲TOPへ