松山競輪

MATSUYAMA KEIRIN

75#


  • FⅡ
  • 松山競輪場ナイター
  • 9.21Thu 22Fri 23Sat

レース展望

中心は外国勢だ

石井寛子

荒牧聖未

 9月から短期登録される外国勢からモートンとハンセンの2名が参戦。まだガールズケイリンでの経験がなく未知数ではあるが、ガールズのレース形態なら過去の短期登録選手と同様に早い段階から対応できるだろう。モートンは今年の世界選手権でスプリント、チームスプリントで銀メダルを獲得した実力者。ハンセンもロンドン、リオと2大会連続でオリンピックに出場しているだけに力はあるだろう。

 外国勢に対抗するなら石井寛子か。強豪相手に決勝進出したガールズケイリンフェスティバルをはさんで、3場所連続完全優勝。ガールズ屈指のスピードで7割を超える勝率を残している。海外の女子選手を相手に、そのスピードがどこまで通用するか。

 荒牧聖未、山原さくらも石井に次ぐ存在だ。荒牧も石井に負けないスピードの持ち主。優勝こそ多くはないが、巧みなレース運びとスピードで成績は安定している。山原は他のメンバーにない機動力がある。長い距離を踏める強みを生かせばチャンスはある。小坂知子、野口のぞみは上位陣にどこまで食い込めるか。

注目選手

  • 田中真彩
    愛媛・112期・L1

    田中真彩

     7月のデビューから、まだ勝ち星はないが2戦目の福井で決勝に進出するなどレースの流れには乗れている。初の地元戦なら決勝進出はノルマだ。

    ■直近4ヶ月成績(*08/17現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    50.50 1 0 1 3 2

▲TOPへ