久留米競輪

KURUME KEIRIN

83#


  • FⅠ
  • 第27回ジャパンカップ
  • 8.16Wed 17Thu 18Fri

次回開催
F1
8/28 ・29 ・30

レース展望

ブフリが他を圧倒

マティエスブフリ

山下渡

松岡孔明

 ここはブフリの存在が抜けている。6月川崎の初戦からF1戦を3場所走ってオール連対、優勝2回。2着は番手を回ったウェブスターに差された6月松阪の決勝戦だけだ。ここも自慢のスピードで日本勢を圧倒する。今回が初来日となるバベクは序盤こそ苦戦したが、7月富山では連勝で初優出とようやく日本の競輪にも慣れてきた。勝ちあがってブフリと連係なら優勝のチャンスだ。

 層の厚さなら関東勢だ。2班ではあるが片折亮太、一戸康宏と機動型がそろっているし、日本勢では点数最上位の山下渡に中田健太ら追い込み陣も充実している。埼玉勢がこれだけそろえば、いい位置がめぐって来そうな中田にはチャンス。山下も埼玉勢と呼応して外国勢を苦しめたい。

 九州勢は地元の牧剛央に松岡孔明、服部克久の熊本コンビ。松岡は7月函館で早坂秀らを破って優勝するなど、引き続き好調だ。牧は5月の当所戦でも松岡と3日間連係。5月ダービーの落車から復帰したばかりの服部だが、場所ごとに感覚を取り戻しつつある。

 自力型では坂本周輝もシリーズ上位の存在。大きな着も目立つが、ここ一番で見せるスピードには光るものがある。先行力なら栗山俊介だ。今シリーズは上位に同型が手薄。うまくペースに持ち込んで勝ち上がりを狙いたい。

注目選手

  • 加賀山淳
    千葉・94期・S2

    加賀山淳

     苦手な夏場に入ろうとしているが、6月高知612着、7月四日市831着と今のところは大きく崩してはいないようだ。久留米は出げいこでも訪れる勝手知ったバンクだ。

    ■直近4ヶ月成績(*08/17現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    101.24 9 5 4 2 14

▲TOPへ