久留米競輪

KURUME KEIRIN

83#


  • FⅡ
  • エンジョイスピードパークNR
  • 5.12Fri 13Sat 14Sun

次回開催
F1
5/29 ・30 ・31

レース展望

林大悟が地元で奮起

林大悟

高山雄丞

 109期の新鋭6名が参戦。ハイレベルなV争いをリードするのは地元の林大吾だ。デビューから徹底先行を貫き、順調に成長している。地脚がセールスポイント。今シリーズも迷いはない。積極果敢な攻めで同期のライバルをねじ伏せる。
 高山雄丞はレースに慣れて、成績が安定してきた。まだ優勝こそないが、林と比べても大きな力差はない。ダッシュを利かした走りで抵抗する。
 大利航平は近畿のホープ。叩かれもろい面はあるが、自分のペースで駆けたときは強じんな粘りを発揮する。
 藤巻幸大はデビューから落車、失格が多く、なかなか波に乗れないが、高いポテンシャルを秘めている。
 瀬戸栄作は晋作(107期)の双子の兄。2月武雄で初優勝を飾ったが、4月立川の初日に落車。ケガの影響が気がかりだ。
 109期の選手以外では森佑樹がV争いにからめそうだ。

注目選手

  • 森啓
    岐 阜・96期・A 3

    森啓

     腰痛でボロボロの成績だったが、ここ4場所で2勝、2着2回と急復調している。自信も回復して積極性が戻った。本来の実力を発揮できれば上位戦でも戦える。

    ■直近4ヶ月成績(*06/26現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    65.56 4 2 2 2 19
    勝率 2連対率 3連対率
    8.0 16.0 24.0
  • 山下茂樹
    大 阪・65期・A 3

    山下茂樹

     近畿のベテランマーカーは元気いっぱい。若手を相手にいぶし銀の走りを披露している。どんなメンバー、展開でも車券の対象から外せない。

    ■直近4ヶ月成績(*06/26現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    73.41 0 3 3 9 9
    勝率 2連対率 3連対率
    12.5 25.0 62.5

▲TOPへ