小倉競輪

KOKURA KEIRIN

81#


  • FⅠ
  • 北九州ダーツグループ杯
  • 2.25Sun 26Mon 27Tue

次回開催
F1
3/3 ・4 ・5

レース展望

山崎芳仁に期待も激戦

山崎芳仁

近藤隆司

坂口晃輔

 2度の競輪祭制覇など、小倉での実績が抜けている山崎芳仁がシリーズリーダーだ。今シリーズは上位に北日本の自力型は不在。自力メインで戦っていくことになりそうだが、優勝した1月西武園でも3日間自力で戦っており不安はまったくない。準決勝では別線の上昇が遅いと見るや前受けから主導権を握るなど、レースでの判断も的確だ。和田圭も1月大垣で優勝するなどタテ、ヨコ俊敏だ。

 南関勢には近藤隆司に五十嵐力、東龍之介と実力者がそろっている。近藤は2月小田原を完全優勝。まくりの鋭さも魅力だが、小倉では一昨年の競輪祭で決勝に進出している点も見逃せない。五十嵐は差し脚好調。東も小田原で3日間、近藤と連係したばかりで息のあった連係を見せてくれそうだ。

 差し脚鋭い坂口晃輔も優勝候補のひとり。立川記念のブロックセブンに松山と年頭から落車が続いたが、松阪記念では優出するなど地元開催の全日本選抜へしっかりと立て直して来た。今シリーズは中近で稲毛健太との連係が濃厚だ。稲毛はインフルエンザで地元記念を欠場したが、2月高松記念のブロックセブンを制すなど復調一途。なによりシリーズ最上位の先行力は軽視できない。

 シリーズを乱すなら坂本亮馬の自在戦だ。年頭の和歌山記念では振るわなかったが、調子は上がってきていると話す。濱田浩司、柏野智典も力のある追い込み型。スジの目標が手薄な不利をどう克服するかだろう。

注目選手

  • 坂上忠克
    石川 ・71 期・S2

    坂上忠克

     昨年後半からセッティングの方向性が定まり、年頭の岸和田では連勝で決勝に進出した。ここも鋭い差し脚に注目だ。

    ■直近4ヶ月成績(*02/20現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    103.00 0 5 3 5 13
  • 吉本哲郎
    広島 ・84 期・S2

    吉本哲郎

     今年ここまで9走でバック8本と積極さは増すばかり。ドームとの相性もよく、ここもダッシュを生かした仕掛けで上位の同型を苦しめる。

    ■直近4ヶ月成績(*02/20現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    100.22 14 3 9 5 10
  • 成清謙二郎
    千葉 ・90 期・S2

    成清謙二郎

     久々のS級戦だが着以上に気配はいい。2月高松記念では2度の確定板入り。二次予選で落車の影響もなさそうで、人気薄での突っ込みが怖い。

    ■直近4ヶ月成績(*02/20現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    91.90 0 1 5 4 20

▲TOPへ