小倉競輪

KOKURA KEIRIN

81#


  • FⅠ
  • 北九州ダーツグループ杯
  • 2.25Sun 26Mon 27Tue

次回開催
F1
3/3 ・4 ・5

レース展望

そろった九州勢が中心

原口昌平

伊原克彦

 地元の原口昌平に佐々木翔一と機動型は2枚。さらに大竹慎吾、池田浩士と追い込み陣も充実している九州勢が戦力的にもリードしている。原口は1月奈良で優勝するなど、2期連続のS級点確保へ今年も好スタートを切った。11月当所も113着。まだ地元戦での優勝がないだけに、今度こその気持ちは強いだろう。佐々木は11月玉野、さらに復帰戦の1月高松でも落車と流れが悪いが、万全なら優勝候補の一角を占める機動型。大竹、池田とS級経験豊富な追い込み陣もいるだけに、一枚岩で結束できれば盤石のライン構成になる。

 対するは伊原克彦、堂村知哉の福井コンビだ。ともに前期S級の実力者。伊原は降級後3場所で優勝こそないが、1月は大垣、和歌山と連勝で優出するなどA級屈指の機動型だ。堂村も12月和歌山で優出したS級終盤の調子を維持している。伊原という好目標があるここはチャンスだ。同じく前期S級の中野智公まで勝ち上がれば九州勢にも負けないラインが完成する。

 復調著しい水谷将司に宝満大作が続く中部コンビや蓮井裕輝あたりも優勝争いに加わってきそうだ。

注目選手

  • 佐藤健太
    愛知 ・101 期・A1

    佐藤健太

     9月富山から突如スランプにおちいったが、徐々に成績を戻している。自力主体に展開によっては飛びつきと、戦法の幅も広がってきた。

    ■直近4ヶ月成績(*02/20現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    85.66 11 6 2 6 16
  • 日浦崇道
    和歌山 ・109 期・A2

    日浦崇道

     1、2班戦の優出は一度だけだが、最近はコンスタントに予選を突破できるようになった。ドームなら積極的な仕掛けが最大限に生かせそうだ。

    ■直近4ヶ月成績(*02/20現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    85.70 15 7 3 0 14

▲TOPへ