いわき平競輪

IWAKI TAIRA KEIRIN

13#


  • FⅠ
  • スポーツ報知杯
  • 12.9Sat 10Sun 11Mon

次回開催
F1
1/2 ・3 ・4

レース展望

V争いの中心は関東コンビ

斎藤正国

萱島大介

高橋幸司

 齋藤正国、恩田淳平の関東両者がV争いをリードする存在だ。齋藤は前期の終盤戦から調子を一気に上げている。今期は毎場所コンスタントに決勝に乗り、2回優勝している。先行から追い込みまで何でも器用にこなせるオールラウンダーだ。恩田は今期に入って優勝3回。1度も決勝を外していない。戦法的にはまくり主体の自在戦で齋藤と似たタイプだ。両者は9月函館で2度同じレースを走っている。その時はそれぞれにラインができて別線勝負だったが、今シリーズは連係するかもしれない。

 萱島大介も有力なV候補だ。8月の落車から順調に回復。9月福井では今年2度目の優勝を飾った。先行はないが、まくり、追い込みの切れ味は鋭い。総力戦で混戦突破を図る。西の遠征勢では好調時の切れが戻った戸伏康夫の動向も見逃せない。

 高橋幸司、佐伯翔の北日本勢も軽視できない。高橋は仕掛けがはまった時の爆発力が魅力。佐伯はレースさばき、差し脚ともにしっかりしている。地元のアドバンテージを生かして優勝争いに加わる。

注目選手

  • 榊枝輝文
    福島・79期・A1

    榊枝輝文

     6月弥彦でV。今期に入って点数を落としているが、目標をつかんだときは相変わらずしぶとい。地元で恵まれそうな今シリーズは期待できる。

    ■直近4ヶ月成績(*11/20現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    89.19 0 5 3 3 10
  • 吉竹尚城
    静岡・109期・A2

    吉竹尚城

     着実に力をつけて、9月函館では待望の1、2班戦初優勝を飾った。今期の競走得点は90・8点。S級点に届く可能性を残しているだけに、一戦一戦が勝負だろう。

    ■直近4ヶ月成績(*11/20現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    90.62 11 5 4 3 9

▲TOPへ