いわき平競輪

IWAKI TAIRA KEIRIN

13#


  • FⅠ
  • 東京スポーツ杯
  • 9.15Fri 16Sat 17Sun

次回開催
F2
10/18 ・19 ・20

レース展望

脇本雄太がライバル対決を制す

脇本雄太

早坂秀悟

河端朋之

 ナショナルチームで活躍する脇本雄太、早坂秀悟、河端朋之の3人による機動力争いは必見だ。なかでも脇本の実力が一枚抜けている。今年は年頭から自転車競技との両立でハードなスケジュールをこなした。前半戦は結果を出せずに苦しんだが、7月の地元福井記念で待望の今年初優勝。ナショナルチームの新しいトレーニングの成果も出始め、ようやくかみ合ってきた。ナショナル組の対決に注目が集まる今シリーズは内容と結果の両方が求められる。脇本と連係するのは前田拓也か。7月平塚では久々の優出。調子は徐々に上向いている。まずは脇本に離れず付いていくことに集中する。

 早坂はナショナルチームで経験を積んで、着実に成長している。グレード戦線で思うような成績を残せていないが、F1クラスならスピード上位の存在だ。ナショナルチームのライバルを相手に積極策を貫く。地元の小野大介が早坂とタッグを組む。差し脚は好調なだけに、差し切りも可能だ。

 河端も強烈なダッシュを生かしたカマシ、まくりで奮闘している。安定性には欠けるが、ツボにはまったときのスピードは脇本や早坂に引けを取らない。

 関東勢は金子幸央、山岸佳太が成長著しい機動型2人が参戦。両者とも勢いがあり、ナショナル組にどこまで抵抗できるか。武井大介、武田憲祐ら南関の追い込み陣も目標をつかめば戦える。

注目選手

  • 愛敬博之
    愛知・94期・S2

    愛敬博之

     7月岐阜はオール連対で準Vと好走。自力を出すシーンは激減しているが、人の後ろを回る競走に慣れて、番手、3番手でもしっかり結果を残している。

    ■直近4ヶ月成績(*12/14現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    102.13 0 3 5 5 18
  • 阿部拓真
    宮城・107期・S2

    阿部拓真

     7月一宮でS級初優出を果たすと、直後の同月小倉も準決勝で強豪相手に3着に逃げ粘って連続優出を決めた。今シリーズも積極策で北日本ラインをけん引する。

    ■直近4ヶ月成績(*12/14現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    104.63 10 4 5 4 11
  • 簗田一輝
    静岡・107期・S2

    簗田一輝

     今期S級初昇格を果たした南関のホープだ。初戦の松戸決勝に進出。続く同月小松島記念は一次予選で豪快にまくってS級初勝利を挙げた。スピードが上がるS級のほうが合っている。

    ■直近4ヶ月成績(*12/14現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    99.65 7 9 3 3 8

▲TOPへ