KEIRIN EXPRESS

全国の競輪開催案内のポータルサイト

たちかわ競輪

TACHIKAWA KEIRIN

28#

FⅡ

12.2Fri 3Sat 4Sun

次回開催

F1

12/17 ・18 ・19

レース展望

快進撃続く飯田憲司

  • 飯田憲司

  • 上杉嘉槻

  • 鈴木謙二

9月、10月の2カ月はⅤ4、準Ⅴ2回と優勝か準優勝しかしていない飯田憲司が主役だ。前期までのS級では苦戦した飯田だったが、“夏場のレース間隔が空いた期間にみっちり練習した”と降級するや輝きが増した。流れの中で反応良く仕掛けられていて、長い距離を踏むこともためらわない。ここは川口直人を連れて自分のレース。好機にスパートして別線を一蹴しよう。ただ、川口も今期の戦績は抜群で、Ⅴ2、準Ⅴ3。ほとんど確定板を外していない。好目標を得て差し切りⅤは十分だろう。
上杉嘉槻、常次勇人と強力若手機動型がそろう近畿勢の動向が気になる。近畿は追い込みの層が手薄だし、両者の戦法を考えれば別で戦うと考えた方が自然。そうなれば他地区の選手と即席ラインを組む可能性があり、Ⅴ争いの鍵を握ることとなりそう。上杉はまくりより逃げて力を発揮するタイプ。前期は5Ⅴを挙げて来期には待望のS級昇格を果たす。常次は121期の先陣を切って8月に負けなしで特別昇班した大物新人だ。9月の落車で左鎖骨を骨折も、復帰後の動きはまずまず。すでに1・2班戦でもⅤ経験があり、身上の先行策で敵を沈黙させるかも。
地元の鈴木謙二も降級の今期はⅤ2、準Ⅴ3回などシャープな差し脚を武器に、格上の存在感を存分に示している。目標にする植原琢也はムラだが、S級1班に在籍したこともある機動型で底力はある。好操縦して抜け出すか。
優参続きで、9月川崎ではⅤ奪取と元気いっぱいの高谷雅彦も見逃せない。

注目選手

  • 泉文人

    福島 ・99 期・A2

    泉文人

     予選で飛ぶシリーズも少なくない一方、9月青森では予選、準決を逃げ切り連勝で決勝に進出するヒットも。準決は格上の猪俣康-山内卓の反撃をこらえ切った。ハマった時の大駆けに警戒。

    ■直近4ヶ月成績(*12/3現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    89.30 5 5 3 0 5
  • 野中祐志

    埼玉 ・98 期・A1

    野中祐志

     落車もあって乗り切れない近況だが、2月大宮、5月松山と今年2回優勝していて本来の力はかなりのもの。リズムが戻ってくれば身上の自力自在戦で準決、決勝でも波乱を呼ぶ。

    ■直近4ヶ月成績(*12/3現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    90.11 7 6 4 0 8
  • 奥出良

    石川 ・109 期・A1

    奥出良

     7月岸和田では失格があっての繰り上がりながら大外強襲を決めてⅤ。その後はリズムを乱しているが、本来のパワーを発揮なら大物食いも十分。ノーマークになっているようなら怖い。

    ■直近4ヶ月成績(*12/3現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    86.04 9 5 2 4 10