KEIRIN EXPRESS

全国の競輪開催案内のポータルサイト

たちかわ競輪

TACHIKAWA KEIRIN

28#

FⅡ

6.3Fri 4Sat 5Sun

次回開催

F1

6/25 ・26 ・27

レース展望

自信つけた谷口力也

  • 谷口力也

  • 田村大

東西混合戦だが、119期の選手を2人擁する九州勢がV争いをリードする。本命に推すのは谷口力也だ。今年に入って2Vと勢いがあるし、今シリーズの最大のライバルとなる田村大とは4月青森の準決で対戦し、豪快なカマシで突き放して圧勝している。田村、大竹野裕樹の鹿児島支部勢とは別で勝負となりそうだが、澤亀浩司、瓦田勝也の福岡勢が勝ち上がれば単騎戦とはならない。練習での力を実戦でも発揮できるようになって今は自信を持ってレースに臨めている。ここもスピードあるカマシ、まくりで決着を付けるか。
対する田村も全く見劣りしない。ペナルティーで3カ月欠場し、3月に復帰後は決勝で勝ち切れていないが、昨年3Vで6連勝して特別昇班にもチャレンジした実績がある。好調時の感覚が戻ってくれば11月別府以来のVは十分だろう。大竹野にとっても絶好のVチャンスだ。ややムラな反面、1・2班戦で活躍しててもおかしくないタテ脚の持ち主。田村の番手スンナリならアタマに突き抜けはあってもいい。
他勢では、徹底先行の小川辰徳は1着が多く、しばしば決勝にも乗っている。ペースで駆けられれば末の粘りは強靭で、トップクラスの新人はいない一戦なら出番を作れる。また、東の連係で河合康晴が番手回りなら、こちらも目が離せない。52歳の大ベテランながら、差し脚が冴え渡っていて2月当所3②❸着から好走続きだ。
山田祐太、相澤恵一の北勢も同様に怖い。山田の機動力は新人にも匹敵する。

注目選手

  • 渡辺福太郎

    神奈川 ・103 期・A3

    渡辺福太郎

     新人相手にも先行主体の先行勝負を貫いており、ブレのない競走スタイルは魅力的。さすがに準決は壁になっているものの、予選、負け戦は連対続きだし、上位の同型手薄な今回はチャンスだ。

    ■直近4ヶ月成績(*5/20現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    72.04 15 6 4 6 8
  • 荘田竜斗

    大分 ・97 期・A3

    荘田竜斗

     番手を回るレースも増えて成績を上げてきている。元々器用な選手ではあるが、予選や負け戦では先行基本に長い距離を踏んで勝負しているのも好調さを感じさせる要因。混戦は怖い。

    ■直近4ヶ月成績(*5/20現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    69.62 11 5 4 3 12
  • 森佑樹

    岡山 ・94 期・A3

    森佑樹

     同じく予選や負け戦では連対が非常に多い。上位級の機動型には通用しないが、ペースに持ち込んで駆けるのが上手く、同格の相手の反撃は合わせ切ってしまう。ここは大駆けもありそう。

    ■直近4ヶ月成績(*5/20現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    70.62 15 5 9 4 14