KEIRIN EXPRESS

全国の競輪開催案内のポータルサイト

たちかわ競輪

TACHIKAWA KEIRIN

28#

FⅡ

10.28Thu 29Fri 30Sat

次回開催

F1

11/29 ・30 ・1

レース展望

信頼性高い橋本優己

  • 橋本優己

  • 谷口友真

  • 山田義彦

新鋭の橋本優己は自力主体の競走ながら大敗がほとんどなく、ここ10場所は18勝、2着6回、着外は僅か1回しかない。先行でもまくりでも力を発揮できるので、連の軸として最も信頼できるとみて中心視した。
今期は1年ぶりのA級戦となった谷口友真。S級ではやや力不足の感もあったが、前期は6勝していて、自力攻撃の破壊力は着実に増している。7月武雄、同月静岡を連覇するなどA級では実力上位。好発進を決めれば押し切り十分で、谷口から狙う手もある。
埼京勢では攻め口多彩な山田義彦に食指が動く。長らくS級上位で活躍し、GⅠ参戦の実績もある格上選手だ。7月~8月の5場所は2V、準Vと決勝3着がそれぞれ1回と常に主役級の走りを披露している。貫録を示してのVゲットは大いにありそうだ。地元の長井妙樹も近況は悪くない。8月青森➋③➋着、同月四日市は連勝で優参(決勝は未実施)している。機動力非凡な当所ホームの山本勝利が優参なら埼京勢の勝機が拡大する。その山本はまだ粗削りながら当所は6月、8月に参戦していずれも2②着で決勝に乗っている。
金澤幸司は1年半ぶりのA級戦。6月久留米記念で落車し今期初戦は欠場したが、7月函館、8月岸和田で優勝していて後遺症は感じられない。だが、佐藤朋也は6月平で落車した後は実戦に姿を見せておらず、前川大輔は7月半ばから4場所続けて欠場中。金澤には自力型の体調が浮沈の鍵となりそうだ。
山田和巧ら南関勢も機動型が手薄で厳しそう。

注目選手

  • 上川直紀

    栃木 ・117 期・A2

    上川直紀

     5月に特別昇班。8月川崎では3連勝で1、2班戦初Vを達成。決勝は土田栄の逃げに乗ったとは言え、まくった渡邉豪に切り替えるとゴール前で差し切った。ダッシュ鋭く上位戦でも一発魅力だ。

    ■直近4ヶ月成績(*10/19現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    90.20 11 10 5 2 7
  • 楠野史尭

    埼玉 ・105 期・A2

    楠野史尭

     先行基本の競走で着実に力を付けていて、5月弥彦では埼玉作戦で2➀➊着とヒットを飛ばした。その後は決勝に乗れていないものの、予選は確定板を外していない。同格戦は連の対象から外せない。

    ■直近4ヶ月成績(*10/19現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    88.52 14 5 3 6 5
  • 中西司

    神奈川 ・95 期・A2

    中西司

     やや勝ち味に遅く2、3着が目立っていたが、6月前橋から8月平塚までの5場所では3勝していて、決勝にも2回乗っている。南関勢は機動型手薄も目標つかめば連がらみが期待できる。

    ■直近4ヶ月成績(*10/19現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    86.52 0 1 5 4 9