KEIRIN EXPRESS

全国の競輪開催案内のポータルサイト

たちかわ競輪

TACHIKAWA KEIRIN

28#

FⅠ

10.28Wed 29Thu 30Fri

次回開催

F2

11/15 ・16 ・17

レース展望

諸橋愛が決め脚発揮

  • 諸橋愛

  • 黒沢征治

  • 渡辺一成

諸橋愛が優勝候補の筆頭だ。今年もシャープな差し脚を武器に、抜群の安定感を誇っている。7月弥彦記念では初めて7車立てのレースを経験。決勝2着で惜しくも地元記念4連覇を逃したが、4日間、確定板は外さなかった。続く8月オールスターでは今年初のビッグ優出。賞金ランキングでグランプリを狙える位置につけている。FⅠシリーズとはいえ、優勝して賞金を上乗せしたい。関東ラインをけん引するのは黒沢征治だ。8月オールスターは敗者戦ながら2連対。ビッグ初勝利を挙げるなど、着実にレベルアップしている。池田勇人は調子、成績とも上向き。好調時の動きを取り戻している。
北日本勢は渡邉一成に大槻寛徳、竹内智彦と充実の布陣だ。渡邉は8月オールスターで勝ち上がりに失敗したものの、敗者戦で2勝をマーク。最終日はまくりで圧勝。名古屋バンクのバンクレコードタイ記録となる上がり10秒4の驚異的なタイムを叩き出している。9月京王閣FⅠでは逃げ切りで1年ぶりのV。このクラスならスピードは一枚上だ。大槻は6月高松宮記念杯で3連対。まくり兼備のタテ脚が冴え渡り、ビッグ戦線でも存在感が高まっている。直線の長い当地なら展開不問で突っ込める。竹内は9月向日町記念で決勝3着と好走。6月の落車から立ち直っている。
南関勢は田中晴基が好気配だ。8月オールスターはシリーズ3度の確定板入り。最近は前で戦っても自力でしっかり動けている。成清貴之は堅実な戦いぶりが光っている。萩原孝之は9月静岡FⅠで落車した影響が心配される。

注目選手

  • 真船圭一郎

    福島 ・94 期・S1

    真船圭一郎

     ポカも多いが、8月静岡では3カ月ぶりの優出。準決勝は先行策で後続を千切って圧勝している。トップスピードの切れはS級上位レベル。最近は構えるレースが少なく、バック数が増えているのは好調の証しだろう。

    ■直近4ヶ月成績(*10/21現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    102.77 14 3 3 3 13
  • 古川尚耶

    栃木 ・92 期・S2

    古川尚耶

     追い込みが板に付き、成績は上昇カーブを描いている。FⅠシリーズは優出回数も多い。当地は2年前に通算200勝を決めた思い出のバンク。好目標をつかめば優勝争いに食い込める。

    ■直近4ヶ月成績(*10/21現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    105.60 0 3 6 5 9
  • 山崎充央

    東京 ・79 期・S2

    山崎充央

     8月当地は2連対。2走とも3連単の配当は10万円を超えた。地元ホームを走る時は気持ちが違う。今シリーズはS級点確保に向けても大事な3日間。しっかり準備して結果を出す。

    ■直近4ヶ月成績(*10/21現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    96.89 0 1 2 2 14