KEIRIN EXPRESS

全国の競輪開催案内のポータルサイト

たちかわ競輪

TACHIKAWA KEIRIN

28#

FⅠ第11回 山口健治杯

7.29Mon 30Tue 31Wed

次回開催

F2

8/30 ・31 ・1

レース展望

郡司浩平が激戦に断

  • 山崎賢人

  • 菅田壱道

総合力高い郡司浩平がシリーズリーダーだ。今年は序盤戦からハイペースで飛ばしている。3月大垣ウィナーズカップは決勝3着と好走。4月川崎ナイター記念では地元エースの重責をしっかり果たして5度目のGⅢ制覇を遂げた。FⅠシリーズなら主役の座は譲れない。堀内俊介は競走得点は110点に迫る勢い。ここに来てタテ攻撃の破壊力が一段と増している。決勝に2人で勝ち上がった時の連係は大きなポイントになりそうだ。勝瀬卓也は5月宇都宮記念で連日、鋭い伸び脚を披露していた。今シリーズは同県の機動型2人をしっかりサポートして、直線勝負にかける。
他地区にも強力な機動型が控えている。山崎賢人は3月ウィナーズカップでビッグ3度目の優出を果たした。組み立ては荒いが、並外れたパワーの持ち主。タイトルを狙える力を持っている。当地初参戦で自慢の豪脚を炸裂させるか。
北日本勢も精鋭ぞろい。菅田壱道は高いレベルで安定している。変幻自在の立ち回りは混戦レースで真価を発揮しよう。仕事人の守澤太志、タテ脚好調な安部貴之がラインを固める。
地元のホープ河合佑弥の走りにも期待が集まる。今年1月にS級特進。5月前橋FⅠで待望の初優勝を飾った。3月当地FⅠの決勝は先行策で番手の鈴木竜士のVに貢献している。今シリーズもスケールの大きな走りでラインをけん引する。関東で連係しそうな杉森輝大は番手も器用にこなせるタイプだ。
好調時のスピードが戻ってきた伊藤裕貴も軽視できない。

 

注目選手

  • 伊勢崎彰大

    千葉 ・81 期・S1

    伊勢崎彰大

     5月松戸の日本選手権の一次予選は単騎で鮮やかにまくって快勝。S級通算300勝を達成した。原因不明のスランプに苦しんでいたが、地元の大舞台で立ち直るきっかけをつかんだ。

    ■直近4ヶ月成績(*10/17現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    107.03 1 8 2 3 15
  • 河村雅章

    東京 ・92 期・S2

    河村雅章

     4月伊東国際トラック支援GⅢでは3勝を挙げている。強い若手との練習で刺激が入っている。1月の当地記念では決勝に乗っている。ホームのアドバンテージを生かして上位進出を狙う。

    ■直近4ヶ月成績(*10/17現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    102.87 0 8 0 2 14
  • 竹内翼

    広島 ・109 期・S2

    竹内翼

     成績の波は相変わらず激しいものの、仕掛けがはまった時の破壊力は抜群だ。5月久留米の決勝はグレーツァー、トルーマンの外国勢を相手に圧巻の逃げ切りV。大穴配当を演出している。

    ■直近4ヶ月成績(*10/17現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    104.93 12 8 6 3 16