KEIRIN EXPRESS

全国の競輪開催案内のポータルサイト

松山競輪

MATSUYAMA KEIRIN

75#

FⅠスポーツ報知杯争奪戦

9.21Fri 22Sat 23Sun

レース展望

グレーツァーが有終のV

  • グレーツァー

  • 鈴木竜士

  • 小川勇介

ここが最終戦となるグレーツァーが断然の人気を集める。初来日の今年は9月立川までにエボリューションを含む7Vを達成。さらに連対を外したのが35走中2回と、圧倒的な力を披露してきた。外国人1人の参戦は望むところ。世界選手権スプリント王者のスピードで他を圧倒する。
 日本勢からは鈴木竜士に注目だ。7月弥彦記念は、冷静に3番手を確保から鋭いまくりを決めて準決を圧勝。決勝では諸橋愛を連れて先行し、地元Vに貢献した。その後も8月小田原のブロックセブンを快勝するなど好調時のダッシュ、粘りが戻った。安定感ある武藤龍生を連れてグレーツァーに挑む。
 オールスターでの落車は気がかりだが、小川勇介と田中誠の福岡両者に、8月川崎G3を制した荒井崇博までがそろった九州勢も侮れない。また、オールスターから復帰した稲川翔は、中西大をアシストして巻き返しの糸口をつかみたい。乗れてる川口聖二の一発や、目標手薄でも濱田浩司の鋭脚には要注意だ。

注目選手

  • 藤井栄二

    兵庫 ・99 期・S2

    藤井栄二

     8月富山の予選と準決は、先行策で2着に粘り今年初優出に成功。決勝も果敢に逃げ、稲毛健のVに貢献した。好調ムードで要注意。

    ■直近4ヶ月成績(*11/20現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    103.06 23 0 6 9 17
  • 島川将貴

    徳島 ・109 期・S2

    島川将貴

    7月弥彦記念で2513着は好走。8月の伊東、静岡を連続優出など随所に粘り強さを披露。四国勢にとっては頼りになる存在となりそう。

    ■直近4ヶ月成績(*11/20現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    101.92 14 5 6 3 12