KEIRIN EXPRESS

全国の競輪開催案内のポータルサイト

久留米競輪

KURUME KEIRIN

83#

FⅠエンジョイスピードパークNR

4.13Sat 14Sun 15Mon

レース展望

松谷秀を指名も混とん

  • 松谷秀幸

  • 山田英明

  • 佐々木悠葵

G戦線で活躍している強豪がそろい熾烈なV争い。狙いは絞りにくいが、成績を高いレベルでまとめている松谷秀幸を中心視した。1月川崎記念では準決で勝ち星をものにすると、全日本選抜は決勝に乗っている。2月奈良記念は優参を外したものの、二次予選、最終日特秀と2勝をあげた。ここは岩本俊介を目標に勝機を見い出す。その岩本も動きはいい。今年は1月岸和田でVスタートを決めると、全日本選抜では予選を2、3着で準決にコマを進めた。主武器のまくりは破壊力抜群なので、好発進を決めれば押し切りもありうる。ガッツマーカー・内藤秀久も南関勢がレースを掌握なら連に浮上も。
 九州勢を重視する手もある。軸になるのは百戦錬磨の山田英明だ。今年はグレードを問わずすべて決勝に乗っていて、全日本選抜では準決で2着と好走している。林大悟、伊藤颯馬、松本秀之介ら若手の自力型がそろっているのも心強い。地元Vに闘志を燃やす林は、2月豊橋で早々と今年の初Vを飾っているし、伊藤、松本も動きは悪くない。幅広い組み立てが可能なので、九州勢の動向には注目しておく必要がある。
 佐々木悠葵、武田豊樹の関東勢も好勝負が見込める。佐々木は安定した走りを披露していて、1月川崎記念、全日本選抜はいずれも準決進出、2月小田原では3連勝を飾った。好位置キープして自力を出せれば、重鎮武田と関東ワンツーは十分。
 高橋晋也、和田圭、佐藤友和とそろった北日本勢も忘れてはならない。先陣を受け持つ高橋は調子を上げている。1月平記念で2281着と3連対を果たすと、2月静岡記念は一次予選、二次予選を連勝。スピードが甦ってきただけに一発怖い。
 展開がもつれると松本貴治も侮れない存在となる。

 

注目選手

  • 晝田宗一郎

    岡山 ・115 期・S2

    晝田宗一郎

     持ち味の自力攻撃が冴え渡っていて、直近4カ月の連対率は5割に迫る勢い。3月玉野記念では予選を13着で準決にコマを進めており、最近の調子も良好。上位戦でも軽視できない。

    ■直近4ヶ月成績(*4/20現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    104.75 11 8 4 3 13
  • 伏見俊昭

    福島 ・75 期・S2

    伏見俊昭

     今年は初日予選で4連勝するなど、差し脚の良さが目に付く。昨年は7勝だったのに対し、早くも6勝をあげている。しっかりした目標があるときはアタマで狙える。

    ■直近4ヶ月成績(*4/20現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    104.19 0 7 0 4 15