KEIRIN EXPRESS

全国の競輪開催案内のポータルサイト

久留米競輪

KURUME KEIRIN

83#

FⅠ西日本カップ 日本名輪会戸上守杯

11.24Tue 25Wed 26Thu

次回開催

F1

12/9 ・10 ・11

レース展望

混戦極めるV争い

  • 嵯峨昇喜郎

  • 眞杉匠

S級戦は競輪祭の裏開催。1班は7名しかいないが、2班には若手機動型が多く、その若手機動型が優勝争いの主役となる。
優勝争いの中心となるのは嵯峨昇喜郎、小原佑太に坂本周作の青森トリオだ。嵯峨は年頭からの落車続きでヤンググランプリ出場を次点で逃してしまった。それでも8月のオールスターから落車はなく、成績からも状態が上向いていることは明らかだ。青森勢がそろって勝ち上がれば番手回りもありそう。S級初優勝のチャンスだ。小原は9月地元記念の失敗を糧に出し惜しみするレースが少なくなってきた。その後は10月宇都宮、四日市と連続優出しているだけに調子も問題ない。もちろん坂本周にもチャンスがある。自力でも戦えるし、嵯峨、小原と前を任せる後輩もそろった。まずは3人そろって決勝に勝ち上がりたい。
眞杉匠、古川尚耶の栃木コンビも強力だ。眞杉は7車がメインになった今期は一気にブレイク。7月宇都宮でS級初優勝を飾ると、3日目から補充だった寛仁親王牌でも2連対している。古川も2期連続のS級1班へ向けて、今期も安定した成績を残している。眞杉という好目標があるここはS級初優勝も狙えそう。
坂本亮馬、吉本卓仁の地元コンビも侮れない。ともに101、2点の競走得点が物語るように成績が伸び悩んでいるが、本来なら優勝争いをリードする実力者だし、地元の利もある。九州には本格機動型の森山智徳がいるが、島田竜二が勝ち上がってくれば九州別線もありそうだ。
四国勢は佐々木豪の調子がなかなか上がってこないし、堤洋は11月四日市記念で落車した影響が気がかり。戦力手薄な南関勢だが、近藤隆司の一発は侮れない。

注目選手

  • 中島将尊

    群馬 ・105 期・S2

    中島将尊

     前々に攻めるレースでビッグ初出場となった10月寛仁親王牌でも1勝を挙げた。仕掛けがはまれば決勝進出も。

    ■直近4ヶ月成績(*11/26現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    102.41 3 6 3 1 14
  • 瀬戸栄作

    長崎 ・109 期・S2

    瀬戸栄作

     9月佐世保から予選は3連続で連対している。12月に開催される地元記念に向けても脚を上げてきているはずで、九州勢をリードする走りに期待だ。

    ■直近4ヶ月成績(*11/26現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    98.90 8 5 2 3 11
  • 小川丈太

    徳島 ・111 期・S2

    小川丈太

     一時の勢いこそなくなったが、場所ごとに勝ち星を挙げるなど機動力は健在。久留米は6月の記念でもシリーズ2勝の成績を残している。

    ■直近4ヶ月成績(*11/26現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    101.48 7 7 1 2 15