KEIRIN EXPRESS

全国の競輪開催案内のポータルサイト

久留米競輪

KURUME KEIRIN

83#

FⅠ

8.20Mon 21Tue 22Wed

次回開催

F1

8/28 ・29 ・30

レース展望

佐藤幸治が混戦に断

  • 佐藤幸治

  • 岡光良

  • 坂上樹大

傑出者不在の激戦模様だが、佐藤幸治を本命に推した。6月四日市ではブフリにこそ屈したが、連日積極的に攻めて準Vと好走。続く函館は目標が落車する展開から自力に転じてS級初Vを無傷で決めた。キレを取り戻しており、好機に仕掛ければ勝てる。落車の影響なければ小野俊之や、今期からS級にカムバックした紫原政文らが、ベテランの意地で佐藤に続く。
 岡光良の逆転も。5月名古屋記念、続く川崎で連続落車の憂き目。それでも、しっかり療養して怪我を治してきた。6月宇都宮記念では、随所でキメ脚を発揮した。今節は積極的な伊早坂駿一を目標に、鋭脚を見せよう。その伊早坂も宇都宮記念を逃げて2連対と好走。ここも持ち味の先行で同型ライバルに真っ向勝負を挑む。
 坂上樹大も軽視禁物だ。目立った活躍こそないが、5月武雄、小松島を連続優出など底力は健在。連係する長尾拳太が強気に攻めれば、まくり兼備の差し脚で迫る。長尾はバックを取る競走を意識して組み立てており、確定板入りも目立っている。
 高久保雄介も徹底先行からまくり主体のレースへと、展開に柔軟に対応している。7月富山準決では、中団を確保して3着。レース運びの精度が上昇している。好調な北川紋部と息の合った連係で牙をむく。
 強力な機動型が少ないだけに、宇佐見裕輝もチャンスがありそう。前期の序盤は強気な組み立てで連対を量産。その後は一息の成績が続いたが、再び上昇気流に乗ってきてV争いに名乗りを上げる可能性も。6月小松島で落車した竹内翼や三宅伸が完調なら本線にも十分対抗できる。

注目選手

  • 久木原洋

    埼玉 ・97 期・S2

    久木原洋

     半年間のA級は4V、21勝。レインボーカップにも出場するなど、格上の実力を発揮した。そして、今期からまたS級へ。前のS級戦は優出もあっただけに上位戦でも警戒したい。

    ■直近4ヶ月成績(*10/21現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    97.83 7 11 4 0 9
  • 佐々木龍

    神奈川 ・109 期・S2

    佐々木龍

     神奈川チームの一員として、全プロのチームパーシュート2連覇に貢献。南関勢の長距離砲として期待がかかる。初のS級戦も、積極さ増した走りでラインをけん引しよう。

    ■直近4ヶ月成績(*10/21現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    96.70 7 5 5 4 10
  • 三上佳孝

    千葉 ・88 期・S2

    三上佳孝

     前期の終盤戦から一気に調子を上げている。まくり兼備のタテ脚は魅力がある。混戦レースは見逃せない。

    ■直近4ヶ月成績(*10/21現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    98.56 0 4 6 1 21