KEIRIN EXPRESS

全国の競輪開催案内のポータルサイト

小倉競輪

KOKURA KEIRIN

81#

FⅠスーパーナイター濱田賞

1.24Fri 25Sat 26Sun

次回開催

F1

2/2 ・3 ・4

検車場レポート

  • 1/23 Thu.  (前検日)
  • 1/24 Fri.  (1日目)
  • 1/25 Sat.  (2日目)

6R

選手の写真です。
中野雄喜選手
 中野雄喜は降級後の初戦となった前回の和歌山で大敗続きだっただけに、今回こそ巻き返しを誓う。「前回は落車の影響が出てしまった。痛みはもうなくなったし、前回よりは状態良いです。中4日でしっかり練習したし、感じも上向き。ドームも問題ないし、先行一車みたいな構成ならしっかりそれをしっかり生かして走りたい」。

 中野に託すのは北川紋部。「中野君とは前回も一緒で、強かったしダッシュが凄かった。練習はしているけど、A級のレースの流れを掴み切れていないかな。巧く力を出し切りたい」

 東日本は、小林圭介を先頭に小島雅章、赤井学と3車が並ぶ。先頭を任された小林は「あんまり自信はないし、先行はあまりしたくないが、時と場合で仕掛けたい」とチャンスがあればタテ脚を出すつもり。「A級はS級よりも楽だが、そこまで差はないかな。小倉は悪くないと思うので、まずは一走してみてからですね」

7R

選手の写真です。
林大悟選手
 小倉バンクには昨年の競輪祭以来の登場となった近藤隆司は近況復調ムード。「9月~11月まで練習が思うようにできていなかったけど、12月くらいから練習できるようになってきた。体の状態も少しずつ戻ってきました。弟の夏樹にアドバイスを貰ったりもして、自転車との一体感も出てきた」

 ホームバンクで負けられない林大悟は「地元なのに厳しいメンバーが相手ですね。前回の大宮記念では動き自体悪くなかったし、準決勝は中川誠一郎さんが後ろだったので。3番目の弟も競輪学校に受かったし、慶次郎も和歌山記念で良いレースをしていたので、自分も負けていられない。ここは普段から練習しているバンクなので頑張りたい」と気合十分だ。

 近況伸び良い関貴之は片折亮太に託す。「連係は何度もあるし、信頼している。必ず何かやってくれるしね。ここ2場所初日をクリアできていないので、何とか勝ち上がりたい。状態は悪くないし、伸びは良いので」

8R

選手の写真です。
皿屋豊選手
 G戦線でも存在感の増してきた皿屋豊が中心になりそうだ。「ライン3車なので、しっかり走りたい。佐藤博君がスピードあるので、そこを警戒して。練習の調子は良いし、力を出し切れればいいと思う。最近は警戒されることも多くなったので、組み立てだけはしっかりしたいです。ドームだし、2周くらいなら駆けてもいいかも。駆けてしまえばスピードに乗るし、まくりはリスクがあるのでね」

 皿屋の番手で巧みなリードから差し切りを狙うのが西岡正一。「皿屋君とは初めて連係するけど、彼のレースは見ている。自分の状態はだいぶ戻ってきたし、フレームのセッティングも出てきた。突っ込める感じもありますよ。点数をだいぶ落としてしまったので、S級1班の点数を今期しっかり取るためにも、点数をここから上げていきたい」

 検車場で饒舌にインタビューに応えていた佐藤龍二の気配が良さそう。「最近ずっと調子が良くて、体が勝手に動いている。早めに動いて末が残っていないけど、調子が良いから動けているってこと。前回終わってから自転車に乗っていないけど、ドームだし風もないので状態的に変わらないと思う。攻めて勝つレースをしたい」

9R

選手の写真です。
南潤選手
 ここは実績上位の近畿コンビが人気になりそう。先頭を担う南潤は「練習はできている。初日を勝ち上がろうとし過ぎてレースが小さくなってしまい、ダメなことが多かった。自信のない時期があったけど、小倉は良いイメージが多いので自信を持っていきたい。スピードには自信あるので、しっかり頑張りたい」
 
 藤木裕は近況5場所連続で初日連対中。「ナイターが5場所目なので、疲れもたまってきた。でも練習は休まずやってきました」

 坂本周作が強力な近畿勢に挑む。「冬期は競輪学校に移動して練習している。良い練習ができています。大宮記念の時には守澤太志さんに乗り方とかアドバイスを貰って、少しずつ良くなった。小倉は結構好きなので1着取れるように」

10R

選手の写真です。
鈴木裕選手
 昨年後半から白星を量産している鈴木裕が中心。変幻自在な攻めで予選突破へ集中する。「手応えも良いし、頭で考えずに動けていると思う。体もここだって思う所で反応してくれるので。自転車も含めて、体重を落としたことも試したこと全てが良い方向に行っている。初日も流れの中でしっかり動いていきたい」

 渡辺正光は番組を見るなり目を丸くして喜んだ。「こんな良い所を回れるんですか。ありがたい。もちろん鈴木さんとの連係は初めてですよ。何も考えず付いていきます。練習はぼちぼちしているので流れに乗れればいいですね」 

 2場所連続で初日1着の酒井拳蔵が強敵撃破へ虎視眈々。「最近まで岸和田のバンクが使えなかったので、街道とかで練習していた。練習はできたので状態は問題ない。攻めるレースをして気持ちで負けないようにしたい」

11R

選手の写真です。
園田匠選手
 単騎が3名となり混戦ムードの初日特選。四国3車の結束力を見せたい小川真太郎は「体はだいぶマシ。小倉でこけたのでその借りを返したい」と昨年11月の競輪祭で起きた落車を振り返る。「竹内さんとの2分戦なので、先行も考えていく。自転車とシューズを前回から換えて、シューズのサンが少し気になるので調整します」と万全の状態に仕上げて初日に臨む。

 バック数一番の竹内翼は「名古屋を休んだが、間が空いて疲れを取りながらしっかり練習できた。今年はG1で戦える選手になりたいし、練習の感じも良い。状態は徐々に上がっている」と終始笑顔を見せていた。

 ホームバンクで誰よりも気合の入っていた園田匠は単騎戦を選択。「亮馬は動いていないし、亮馬が広島勢に行くなら俺は単騎でやります。地元だし、ワガママを言わせて貰います。練習は普段通りにできたし、状態は悪くない。上がりタイムとか脚の感じもG1に向けて順調だし、今はタテ脚で外を回すことを意識して走っている。最近の着以上のデキではありますよ。地元だししっかり走って、お客さんの為に穴を出せるように

6R

選手の写真です。
水谷良和選手
 正攻法の中野雄喜が打鐘過ぎまで誘導を使いながら、一気にペースアップ。最終ホームを一列棒状のまま通過し、中野が先頭でバックを通過。4コーナーで北川紋部に絶好も、3番手から水谷良和が突き抜けた。
 「すんなりの展開でした。道中も凄く余裕があった。あの感じならまくられることはないと思っていました。自分の思うように最後も伸びた。中野君も落ち着いて走っていましたね」
 逃げた中野雄喜は末を欠いて4着。レース後は終始反省を口にした。「誰も押さえにこなくてドキドキしました。もうちょっと残れないといけないですね。誘導を目標にしながら巧く走れたと思うけど、思ったよりも重たく感じて、最後はタレてしまった」

7R

選手の写真です。
近藤隆司選手
 林大悟が打鐘で先頭に立ち、徐々にペースを上げる。近藤隆司は中団へと追い上げて、最終ホームを通過。後方から片折亮太が仕掛けるも、近藤が合わせて踏み込みそのまま逃げる林をまくり切った。
 「中団へ入ってからは車間を空けられないくらい林君に良いペースに入れられた。それで車の出が悪かった。反応がコンマ何秒か遅れたら片折君に行かれていた。ゴールまでモガキきれた感じはあったし、完調には近いけど重たさは感じる。しっかりクールダウンして明日に備えたい」

 逃げた林大悟が2着に粘り込んだ。
 「近藤さんは今101点だけど、少し前まではもっと点数持っていましたもんね。ペースに入れたかったけど、踏み過ぎました。でも力を出し切れて粘れたし、自分のレースはできたので良かった」

8R

選手の写真です。
佐藤龍二選手
赤板で皿屋豊にフタをした日野博幸が打鐘で先頭に立つ。打鐘の4コーナーから皿屋が仕掛けるも、番手の西岡正一は離れてしまい最終ホーム。皿屋がバックで日野をまくり切るも、同じくバックで佐藤博紀の内へ潜り込みコースをこじ開けた佐藤龍二が皿屋に詰め寄り最後に差し切った。
「大西さんとの信頼関係があったからこそでしょうね。皿屋さんの動きは見えていたけど、カマすとは思わなかった。日野さんもホームでカカっていたので。皿屋さんを追い掛けたかったけど、スピードが違った。佐藤博さんが行ったところで日野さんと佐藤博さんの間に自転車の鼻先を差し込んで無理矢理いきました。追いつかないと思って踏んだのが結果良かったと思う。良く抜けました」

皿屋豊は2着もレース後は終始反省。
「ジャンで行かないとダメですね。佐藤龍君とタイミングが被ってしまって…。ホームで無理矢理仕掛けました。出切ってからは余裕があったけど、組み立ての判断がちょっと…。脚は良いと思います」

9R

選手の写真です。
坂本周作選手
 正攻法の南潤が赤板から突っ張って先行策。打鐘で後方から隅田洋介が巻き返すも、南は更にペースを上げて最終ホームを通過。グングン飛ばす南がバックも先頭で通過し、番手の藤木裕に絶好の流れかと思われたが、中団から3コーナーで仕掛けた坂本周作のまくりが届いた。
 「バックで仕掛けられれば良かったんですけど。丁寧にいきすぎました。ホームで兵藤(一也)さんに内へ来られてしまい、リズムが狂ったけど、ある程度イメージ通りだった。結構伸びたかな。南君が強かったけど、落ち着いて走れた。でも内容は悪かったので修正したい」
 懸命にけん制して直線で追い込んだ藤木裕だったが、最後は伸び負けて2着。
 「南が強いのでどこから仕掛けるんだろうって思っていた。本命は自分だったけど、脚力なら南が一番あるので任せていた。構えたら最近の南だと、負けパターンになるので、行くなら行く。まくるならまくるとそういう事だけ言っていた。だいぶ引き付けて援護したけど、あれ以上は無理。南に3着に残って欲しかったけど、勝ち上がってくれたので良かった」

10R

選手の写真です。
鈴木裕選手
 酒井拳蔵が切った上を藤原俊太郎が叩いて打鐘を通過。追い上げた鈴木裕が3番手をキープして、最終ホームを通過する。鈴木は2コーナーから仕掛けると、一気に前団をまくり切って後続を3車身引き離した。
 「冷静に走れました。3番手を取れたのがラッキーでしたね。叩いていくのも考えたし、叩く勢いで踏んだけど、3番手が空いたのでめっちゃバックを踏みました。藤原君は強かったですね。展開が良かったので何とも言えないが、踏み込めているし、脚は仕上がっています。前々に攻めるレースも前回同様にできたので良かった」
 鈴木にマークした渡辺正光は離れながらもなんとか2着をキープした。
 「番手でしんどかったのは初めて。10キロくらいスピードが早い。2着に入れたのでやった方だと思います。踏み出しだけ気を付けて、前を乗り越えちゃえば何とかなるかなって思って走っていました」

11R

選手の写真です。
小川真太郎選手
 正攻法の小川真太郎が、赤板で押さえに来た竹内翼を突っ張って打鐘。単騎の神田紘輔が最終ホームでカマすと、小川は一車出させて2番手をキープしてバックを通過。3コーナーから仕掛けた小川が後続の追撃を振り切って1着を手にした。
 「今日は先行しようと思っていた。翼を突っ張れば勝負には勝のかなって。神田さんが仕掛けてきたけど、一車だったのでそれを見て出してと思った。冷静に走れたと思います。シューズのサンを換えたら悪い感じはしなかったし、前回の大宮記念の時よりは踏めていると思います」
 2着には直線で外を伸びた園田匠が食い込んだ。
 「伸びは問題ない。緩んでいるのは分かったが、仕掛ける勇気がなかった。前に中村さんもいたので中村さんが内と外とどっちを踏むかなって思っていた。一番後ろになっても状態的には問題ないと思う」
 小川マークの湊聖二は直線で伸びを欠いて4着が精一杯。
「余裕はあったんですけど…。コースを見誤りました。神田が外に振っていて、真太郎がまくっていたのでその外はいけなかった。真ん中のコースが空かないかなってずっと見てしまった」

検車場レポートはただいま公開準備中です。