KEIRIN EXPRESS

全国の競輪開催案内のポータルサイト

小倉競輪

KOKURA KEIRIN

81#

FⅡ九州競輪記者クラブ杯

10.16Wed 17Thu 18Fri

次回開催

F2

11/5 ・6 ・7

レース展望

関東同期コンビの争い

  • 佐藤礼文

  • 鈴木薫

佐藤礼文、鈴木薫の関東115期コンビによる優勝争いだ。ここまでの成績なら7月奈良での優勝がある佐藤がリード。8月松阪決勝での失格はあるが、デビューから一度も決勝を外していない。自力でも強いが、番手を回ったり位置を取ったりと器用なレースができる選手。ここも高い総合力で優勝を狙う。
鈴木はデビュー戦の落車でつまづいてしまったが、復帰戦の9月平では112着と気を吐いた。ここから一気に勢いに乗れば、佐藤と互角の勝負は可能だ。
山口聖矢、松尾勇吾が佐藤、鈴木の同期対決に割って入る。ここまで優勝がなく、8月は2場所連続で勝ち上がりに失敗したが、9月岐阜では連勝で決勝に勝ち上がり流れを取り戻した。松尾は8月福井で吉堂将ら同期を破って初優勝を飾っている。
115期の新人を相手に先輩の意地を見せたいのが奥原亨と山村慮太だ。奥原は今期の優勝こそないが、つねに優勝争いには加わっている。山村は7月武雄で藤井侑を目標に優勝。自力自在に多彩な戦法が持ち味だ。

注目選手

  • 河添信也

    熊本 ・74 期・A3

    河添信也

     代謝の危機にもさらされたが、今期はここまで70点オーバーと堅実。九州の機動型が豊富なここも勝ち上がりのチャンスだ。

    ■直近4ヶ月成績(*10/17現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    70.59 0 3 3 5 11
  • 山崎功也

    宮城 ・95 期・A3

    山崎功也

     ダッシュを生かした自在戦が持ち味。得意のカマシ、まくりは当所向きで、ときおり見せる飛びつき策も効果的だ。

    ■直近4ヶ月成績(*10/17現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    73.41 3 4 7 4 9