KEIRIN EXPRESS

全国の競輪開催案内のポータルサイト

とりで競輪

TORIDE KEIRIN

23#

FⅠ

11.30Fri 1Sat 2Sun

レース展望

横山尚則が地元で躍動

  • 横山尚則

  • 阿部拓真

  • 石塚輪太郎

脚力伯仲だが、地元の横山尚則に期待。成績に安定感こそないが、「かなりキツい練習をしている」とタテ攻撃の威力が強化されている。7月当所を制すると、8月小田原記念では最終日に三谷竜生を破るなど敗者戦で3勝をマーク。さらに、10月熊本記念の準決では先行策で3着に粘り、1月和歌山以来の記念優出を果たした。「先輩達に記念の準決を押さえ先行で勝てないと決勝では戦えないと言われていたので。久しぶりに良いレースができました」。仕掛け所を熟知したホームバンクなら、一層有利にレースを運べるだろう。好機に仕掛けて地元Vを飾る。稲村成浩は10月豊橋記念を8663着など、一息の近況。しかし、横山の番手を回れるだけにチャンスのシリーズだろう。ここに、9月向日町記念を優出した金子哲大まで加われば、盤石の布陣となる。

対するは北日本勢。阿部拓真は長欠から復帰した10月弥彦で落車。しかし、続く岐阜を準Vと周囲の不安を一蹴した。強豪達との戦いで着実に力を付けており、争覇級の実力者までに成長している。前々に攻める攻撃的な組み立てで牙をむく。伏見俊昭も好調気配。9月岸和田では佐藤博紀のまくりに乗って、約1年3ケ月ぶりのV。続く青森記念のS級ブロックセブンも勝利と、キメ脚が冴えている。さらに、怪我で長欠中の飯野祐太まで参戦なら好機拡大。

近畿勢は石塚輪太郎、中井俊亮と若手機動型が中心となる。特に石塚は8月松戸記念を優出。9月熊本記念でも2勝を挙げるなど、G戦線で活躍している。中井も10月福井、松戸を連続優出。怪我が快方に向かい調子を上げてきた。両者で連係となれば、本線にも十分対抗できる。

内藤秀久は10月西武園、平塚を連覇。続く向日町は一息に終わったが、当所までに修正してくるだろう。目標は不在も、好位確保なら逆転可能。不調に喘いでいた近藤龍徳だが、「良くなってきている」と感触は悪くない様子。中近で石塚らと連係か、自ら前々に動いて浮上を目論む。

注目選手

  • 箱田優樹

    青森 ・98 期・S2

    箱田優樹

     10月熊本記念では、3713着で3度の確定板入りと好走。3日目は中団確保からまくって別線を粉砕した。さらに上積みが見込めれば、V争いに名乗りを上げる可能性も。

    ■直近4ヶ月成績(*11/20現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    102.55 5 2 3 5 10
  • 吉田昌司

    茨城 ・111 期・S2

    吉田昌司

     デビューから1年でS級レーサーの仲間入り。S級3場所目となった10月富山では、準決で小嶋敬二らを相手に逃げ粘って2着と大器の片鱗を見せた。気合いの入る地元戦でも、力強い走りでファンを沸かせる。

    ■直近4ヶ月成績(*11/20現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    100.57 8 1 7 1 12
  • 月森亮輔

    岡山 ・101 期・S2

    月森亮輔

     秋から調子を上げると、9月青森では新山響平らから白星を奪って記念を初優出。続く四日市も決勝に進出と秘めたる才能が開花している。今シリーズも連日注目したい。

    ■直近4ヶ月成績(*11/20現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    105.73 5 8 1 4 10