KEIRIN EXPRESS

全国の競輪開催案内のポータルサイト

たちかわ競輪

TACHIKAWA KEIRIN

28#

FⅠ関東C・HPCJC・スポニチ杯

9.28Wed 29Thu 30Fri

レース展望

大物ルーキー中野慎詞

  • 中野慎詞

  • 三谷竜生

各地区とも上位勢はグレード戦で優勝を争う選手ばかり。話題の大物ルーキー中野慎詞があっせんされたのは何よりも楽しみで、新山響平、渡部幸訓らと組む北ラインを中心視する。中野はS級でも連続完全優勝して7月を終えた時点で未だデビューから負けていない。一方でナショナルチームの活動でも着実に成果を挙げていてまさに順風満帆だ。青森記念、共同通信社杯と9車立てのレースで一線級と対戦して走るここはさらに成長した姿を見せる。ナショナルの僚友・新山は高松宮記念杯、サマーナイトが散々だったが、デキ自体には問題がなく修正の範囲内。中野を目標に差し切りは互角だ。
松井宏佑がナショナル対決に燃える。ダッシュ良く先手を奪って、続く和田健太郎に流れを呼び込むか。7月佐世保記念ではオール連対で優参と、和田は堅調。最近は松井との連係で結果を出せていないので、流れを変えたい。
踏んできた場数を重視すれば三谷竜生だ。記念で優参が続いているし、GⅠ戦でも存在感を取り戻しつつある。ロングまくりが主戦法で、けん制を受けても乗り越えて伸びていく脚は本人も好調を実感するほど。位置を取って仕掛けていくのに、南修二の援護は頼もしい。スピードスター対決に待ったを懸ける。
菊池岳仁も今回の対戦相手には自然と闘志が湧いてくるだろう。長い距離をハイスピードで踏み切って山岸佳太、武藤龍生と関東決着に全力投球する。 

注目選手

  • 小森貴大

    福井 ・111 期・S1

    小森貴大

     7月福井記念での落車負傷の影響は気掛かりも、ここまでには日数があるので調整は進みそう。4月川崎記念の優参から快進撃が続いていたので、完調なら持ち前の機動力が猛威を振るう。

    ■直近4ヶ月成績(*9/28現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    104.14 10 3 3 2 13
  • 柴田洋輔

    東京 ・92 期・S1

    柴田洋輔

     今年は記念を走る機会が少ないので派手なヒットこそないものの、実に堅実な走り。連対率は4割を超えており、流れがいいからでは片付けられない。地元のここも常に連候補に加えたい。

    ■直近4ヶ月成績(*9/28現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    104.81 0 2 5 5 10