KEIRIN EXPRESS

全国の競輪開催案内のポータルサイト

たちかわ競輪

TACHIKAWA KEIRIN

28#

FⅡ

7.21Sat 22Sun 23Mon

レース展望

総合力優る太刀川一成

  • 太刀川一成

  • 泉文人

  • 菅谷隆司

激戦模様のシリーズだが、決め脚抜群の太刀川一成に期待した。今年は5月まで走り終えた時点で優勝2回。戦歴は非常に高いレベルで安定している。自力のシーンは減ったものの、まくり追い込みの鋭さは一段と増した。今シリー ズは南関の機動型と同乗なら番手戦、目標不在の時は自在に立ち回って混戦を断ち切る。太刀川と連係有力なのは萩谷直正だろう。ベテランならではの巧みなさばきと差し脚を見せている。

北日本勢は戦力が充実している。尾形鉄馬、泉文人の機動型2枚に、高橋秀吉、佐藤雅彦の追い込み陣がしっかり機能すれば、他地区を凌駕できる。ライ ンの主軸を担うのは泉だ。カマシ、まくりを主武器に各地で善戦している。尾形は今年に入って急成長を遂げた。強烈なダッシュが売りで戦法は泉と似ている。決勝で泉と一緒になった場合の連係は興味の的だ。高橋は追い込みのテク ニックが上達している。どの位置を回っても自分の役割をきっちりこなす。佐藤は好調時の切れが戻ってきた。

関東勢も侮れない。菅谷隆司は前期S級で大敗が目立っていたが、一方で随所に連にからんでもいた。5月川崎は敗者戦ながら2度、バックを取る好内容で最終日には連対。A級戦を見すえ、積極的に動いている。このクラスならスピードは上位。地元でしっかり持ち味は出し切る。岩崎大和は落車による大ケガから復調途上だ。抜群の相性を誇る当地で再浮上のきっかけをつかめるか。 篠崎高志や堀政美らベテラン追い込み勢も意地を見せたい。

注目選手

  • 能代谷元

    神奈川 ・111 期・A2

    能代谷元

     7月にA級2班に初昇班。チャレンジ戦ではコンスタントにV争いを演じたように、脚力だけなら争覇級に見劣りしない。落ち着いたレース運びは1・2班戦のほうが合っている。初登場の立川バンクでパワー全開だ。

    ■直近4ヶ月成績(*7/21現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    78.38 17 13 4 5 4
  • 寺沼将彦

    東京 ・111 期・A2

    寺沼将彦

     地元期待の新鋭だ。5月当地の決勝は5番手から豪快にまくって圧勝。チャレンジ戦ながら今年2度目の優勝を飾った。1・2班戦でも先行基本のレーススタイルは変わらない。格上相手に一泡吹かせるか。

    ■直近4ヶ月成績(*7/21現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    79.00 15 9 5 5 8
  • 川上真二郎

    新潟 ・86 期・A2

    川上真二郎

     昨年終盤に左手首と左肩を痛めて長期欠場を余儀なくされたが、復帰後は順調にリズムを回復している。5月前橋では今年初優出。まくり兼備のタテ脚は健在だ。直線の長い当地は相性がいい。脚質に合っている。

    ■直近4ヶ月成績(*7/21現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    86.12 0 2 3 4 15