KEIRIN EXPRESS

全国の競輪開催案内のポータルサイト

たちかわ競輪

TACHIKAWA KEIRIN

28#

FⅠ

3.29Thu 30Fri 31Sat

次回開催

F2

4/12 ・13 ・14

レース展望

輝き取り戻した村上博

  • 村上博幸

  • 清水裕友

G戦線で存在感を示している村上博幸が主役を務める。度重なる落車が災いして復調には時間を要したが、ようやく好調時のような伸びが甦ってきた。11月大垣、12月広島と記念を連覇すると、1月大宮記念は準V。惜しくも4分の1輪差で記念3連覇は成らなかったものの、直線の伸びは際立っていた。当バンクは直線が長いので、今の調子なら、たとえ目標が不発となってもコースを探して伸びてくるはずだ。

昨年は競輪祭でGⅠ大会初の決勝進出を果たした山中秀将も有力な優勝候補。1カ月半のブランクがあった1月松阪記念は優参していて、動きにはまったく問題はなかった。得意のまくりには素晴らしい破壊力があるので、タイミングよく仕掛けて首位に躍り出る場面も大いにあるだろう。ここのところ安定した成績を残している五十嵐力が山中を追走して南関ワンツーを目指す。

若手成長株の清水裕友も好勝負が見込める。昨年の後期は2Vを飾ると、1月大宮記念は1413着と好走した。直近4カ月の競走得点は110点の大台に乗せており、地力強化に成功したのは疑う余地がない。磨きがかかった機動力を遺憾なく発揮できれば単も望める。清水には中四国スジで橋本強が続くか。橋本は12月別府記念、1月大宮記念で優参していて差し脚好調。清水が主導権を握ればチャンスをものにできる状態にある。

大槻寛徳も最近の伸びは申し分ない。1月静岡は3連勝、2月高松記念では❶❺①❻着と優参している。

注目選手

  • 伊藤成紀

    大阪 ・90 期・S2

    伊藤成紀

     1月名古屋2①❻着の準決は、うまくマイペースに持ち込んで逃げ切った。郡司浩の反撃を不発に終わらせただけに、自力攻撃の破壊力は上位戦でも通用する。

    ■直近4ヶ月成績(*10/21現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    103.12 8 8 4 4 15
  • 坂本健太郎

    福岡 ・86 期・S1

    坂本健太郎

     当所は得意で、1月の記念開催でもヒットを飛ばした。二次予選は新山響の逃げを最終バック8番手からのまくりで飲み込んだ。位置取りには課題残すが一発の魅力を秘める。

    ■直近4ヶ月成績(*10/21現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    102.79 1 2 8 4 20
  • 加賀山淳

    千葉 ・94 期・S2

    加賀山淳

     得意の冬場に入り成績はうなぎ登り。今期は1月当所記念、同月小倉、2月小田原とすべての開催で2連対を果たしている。先手を取ると強じんな粘り腰を発揮する。

    ■直近4ヶ月成績(*10/21現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    101.21 9 4 7 0 12