松山競輪

MATSUYAMA KEIRIN

75#


  • FⅡ
  • 2.17Sun 18Mon 19Tue

次回開催
F2
2/24 ・25 ・26

レース展望

松山で初のミッド開催

酒井拳蔵

小玉勇一

 松山で行われる初めてのミッドナイト開催。注目度はかなり高い。1月松阪で落車した酒井拳蔵は直後の開催を1本欠場したが、復帰戦の2月岸和田は決勝に進出している。ケガの影響もあって本調子とは言えないが、1年半のS級で鍛えた先行、まくりの機動力を駆使して、V争いをリードする。実力者の篠塚光一、山崎光展らがしっかり援護して近畿勢での上位独占が有望だ。
 113期の小玉勇一のヤングパワーにも注目だ。1、2班戦を4場所走って優出なしと未完成だが、ハイパワー先行で随所に別線完封の白星がある。レースに慣れて力を発揮できれば互角に渡り合える。追加参戦の小田倉勇二は小玉と連係できれば勝機十分だろう。堅実な土屋仁がラインをしっかり固める。
 S降りの守安政雄はここまで思うような結果を残せていない。今シリーズもスジの機動型は手薄で立ち回りが注目される。
 山崎翼と、自在な稲吉悠大の九州勢も侮れない。両者とも成績の波はあるが、A級上位の力は持っている。
 磯島康祐、阿部英光の北日本勢も軽視は禁物。遠征の不利を力を合わせて克服できるか。

注目選手

  • 伊豆田浩人
    神奈川 ・87 期・A1

    伊豆田浩人

     1月宇都宮を12着で3場所ぶりに優出し、次の伊東も234着と成績をまとめている。好目標ある時は、連の対象から外せない。

    ■直近4ヶ月成績(*02/22現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    90.00 0 3 5 3 13
  • 菱沼元樹
    埼玉 ・111 期・A2

    菱沼元樹

     前期チャレンジ最終戦の12月小倉ミッドナイトを122着。勢いを付けて昇班すると、1月久留米では早くも1、2班戦初優出。大駆けが怖い。

    ■直近4ヶ月成績(*02/22現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    82.70 18 11 6 3 7

▲TOPへ