松山競輪

MATSUYAMA KEIRIN

75#


  • FⅡ
  • 1.27Sun 28Mon 29Tue

レース展望

古屋琢晶が激戦に断

古屋琢晶

大西貴晃

降級組によるV争いは激戦ムードが漂う。S級実績を考えれば古屋琢晶が最上位とみるのが妥当だろう。18年の後期は落車3回とケガに苦しんだ。思うような戦果を挙げられなかったとはいえ、随所にパワフルな走りを披露した。久々のA級戦だが、3場所目となる今シリーズなら心配ないだろう。持ち味の自力勝負で混戦を断ち切る。百戦錬磨の藤原憲征が古屋のサポート役だ。
大西貴晃は前期S級戦は落車の影響もあって大敗続きだったが、A級戦ならスピード上位の存在だ。初戦となる地元の別府でしっかり結果を出して、流れに乗りたい。
守谷陽介、中石昌芳の中国勢も侮れない。守谷は調子、成績ともに右肩上がり。中石は前期3Vと勝負強さが光る。
篠原忍、金田健一郎の中近勢や中村弘之輔、棟方次郎の北日本勢、底力ある福島栄一の動向も見逃せない。

注目選手

  • 高鍋邦彰
    福岡 ・95 期・A1

    高鍋邦彰

     ここ3場所で4勝と好調だ。カマシ、まくりのスピードは一級品。仕掛けがはまれば準決勝でも好勝負は可能だ。

    ■直近4ヶ月成績(*01/19現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    83.31 12 7 4 2 19
  • 三好陽一
    愛媛 ・88 期・A2

    三好陽一

     落車のケガから立ち直り、まくり追い込みの威力が戻ってきた。地元戦は10月開催でも決勝に進出するなど相性がいい。

    ■直近4ヶ月成績(*01/19現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    87.58 2 7 5 5 14

▲TOPへ