KEIRIN EXPRESS

全国の競輪開催案内のポータルサイト

松山競輪

MATSUYAMA KEIRIN

75#

FⅡ

10.23Tue 24Wed 25Thu

次回開催

F1

12/26 ・27 ・28

レース展望

激闘の松山決戦

  • 片岡迪之

  • 島田竜二

  • 笹倉慎也

強豪が顔を揃えたが、S降りの片岡迪之を中心視する。今期は、1、2班に慣れずスタートダッシュに失敗したが、3場所目の7月玉野ミッドの準Vから流れをつかむ。続く防府で完全Vを飾ると、9月和歌山、高松を連覇。一気に波に乗った。スピードを生かしたタテ攻撃はA級屈指の破壊力を誇る。当所でも、一気に仕掛けてライバルを粉砕しよう。片岡を目標にできる久米良もチャンス。今年は9月が終わって3Vと上位の実力を遺憾なく発揮している。確かな番手技術と、鋭いキメ脚で勝機をつかむ。地元の廣川泰昭も9月名古屋を制するなど動き軽快。与えられた位置から、地元ファンの期待に応える。

九州勢も侮れない。島田竜二は前S級の終盤で3場所連続優出など活躍。もちろん、今期は7月玉野ミッドをVなど、ほぼ毎場所で確定板に入る抜群の安定感を見せている。新鋭の林慶次郎を好操縦し、番手有利に抜け出す。その林は今期が初の1、2班ながら、8月広島をさっそくV。その後も毎場所でV争いに参加するなど、すでに争覇級の実力を持っている。先行を基本とした積極的な組み立てで真っ向勝負を挑む。

中部勢は駒数が充実。8月玉野、防府を連覇した竹澤浩司を先頭に、自力、番手と戦法多彩な笹倉慎也。そして、経験豊富な宮越孝治が束ねる強力ライン。好連係なら、上位独占も十分可能な陣容だ。

林と同期の蕗澤鴻太郎も、今期が初昇班。8月和歌山のオール7を制覇など、こちらも奮闘を見せている。松根真、岡本大嗣らを引き連れて別線完封も。北日勢は、6月伊東のVから上昇気流に乗った中村弘之輔が軸。上位の機動型が手薄の植木和広は、前々に攻めて勝機を見出す。大竹哲也が優出すれば好機拡大。

注目選手

  • 森川康輔

    岐阜 ・111 期・A2

    森川康輔

     兄・大輔(92期)と同じく、天性のダッシュマン。初昇格の今期は8月高知で準Vなど、随所で存在感をアピールしている。仕掛けがハマれば、上位戦でも単十分。

    ■直近4ヶ月成績(*10/22現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    87.85 11 7 3 2 9
  • 岡本大嗣

    東京 ・88 期・A1

    岡本大嗣

     まくり兼備のキメ脚は強力の一言。怪我の影響で調子を落としていたが、近況はコンスタントに優出と徐々に復調してきている。上位戦でも警戒したい。

    ■直近4ヶ月成績(*10/22現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    90.42 1 5 7 1 13
  • 沖本尚織

    広島 ・87 期・A1

    沖本尚織

     夏場から流れが良くなってきている。9月平でも、しぶとく優出を果たすと、続く小倉を138着の連続優出。今シリーズの準決でも、連の上下に一考。

    ■直近4ヶ月成績(*10/22現在)
    競走得点 BS 1着 2着 3着 着外
    88.73 0 3 3 9 15